読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

猫のあしあと (講談社文庫)

猫のあしあと (講談社文庫)

猫のあしあと (講談社文庫)

作家
町田康
出版社
講談社
発売日
2012-12-14
ISBN
9784062774239
amazonで購入する Kindle版を購入する

猫のあしあと (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

小梅

瀕死のエルが助かった。でもケンゾーが死んだ…ワクチンも猫の状態をよくよく診た上で打たないと、それが原因で死ぬ事があるのを知った。

2017/02/14

めしいらず@夏休み中

世は空前の猫ブーム。動物好きな人に是非とも読んでほしいこのシリーズ。人間に傷つけられた命を沢山抱え込み、次々起こるトラブルに仕事を打ち遣り奔走し、目の前で失われた命を惜しみ咽ぶ著者。綺麗事だけでは済まない別の命と暮らす責任の重さを、他方で愛情を貰えず消えゆく命がある現実の厳しさを、身を以て教えてくれる。最近、友人が保護団体から猫を預かり里親へと繋ぐ仕事を始めた。意義のある仕事だと思う。私は利己的だと承知しているから決して動物は飼わない。その程度の常識はあるつもりだ。彼らは人間の孤独を埋める為の存在に非ず。

2017/03/15

ふう

「猫にかまけて」についで町田氏の猫物語2冊目。「かまけて」でも感じたことですが、町田氏と奥様の猫たちに対する誠実さや責任感には本当に頭が下がります。私自身も相当な猫好きを自負していますが、こんなとき同じようにできるのだろうか考えると『う~ん、どうかな。』とうつむいてしまいそうです。飼っている猫だけでなく保護団体から預かった猫、拾ってきた猫たちにも隔てなく愛情を注ぎ、生まれてきた喜びを感じてほしくて奔走する姿に、多分町田氏は猫以外の動物やもちろん人間に対してもこんなに誠実で温かいのだろうなと思いました。

2012/12/23

ペグ

ココアパウダーと牛乳がちゃんと混ざりきっていないみたいな柄が面白いサビ猫のココアが22歳で亡くなって。そして又々やって来た猫たち。そんな猫たちのエピソードや町田さんのとどまるところを知らない妄想がたまらない。どの猫がどの猫やら?!時が経ったらきっと又読みたくなるようなシリーズだ。

2018/06/21

kariya

猫は不思議。人間の10分の1の重さしかないのに、人の存在全てを振り回す。今回の町田家も飼い猫と保護猫とで猫沢山。しゃあしゃあと威嚇甚だしいシャア、愛らしい顔なのに気性の荒いウメチャン、小さな黒猫のエル、そして気のいいゲンゾー。猫飼いなら奇行でもない日常に笑っていると、ふいの別れに切り裂かれる。そうだね、最後にはきっと恐い思いをさせてしまうから、それまでは嬉しくて楽しくて温かい思いで頭を一杯にしていてね。猫は不思議。こんな小さな生き物なのに、あなたが幸せだと、私も幸せ。

2019/11/30

感想・レビューをもっと見る