読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

刑事のはらわた (講談社文庫)

刑事のはらわた (講談社文庫)

刑事のはらわた (講談社文庫)

作家
首藤瓜於
出版社
講談社
発売日
2013-02-15
ISBN
9784062774680
amazonで購入する Kindle版を購入する

刑事のはらわた (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

momi

いやぁ〜ひさしぶりにスピード感、臨場感のある警察物を読みました…!と言っても「刑事」の話ではなく、「鑑識課員」の話です!鑑識に光をあてて書かれているところが新鮮で面白かったです!!次から次へと事件がおこり、死体がでてきて、鑑識課出動、そして解剖!!この繰り返しのシーンで鑑識課員の主人公の張り詰めた精神状態が伝わってきます…。その繰り返しの日々の中でおきた、ある事件からあらぬ方向へと話が進んでいき結末をむかえます!いがいな結末と言うより、人間の心の闇が描かれていているのではないでしょうか…。

2013/06/06

papako

不思議な感じだった。鑑識から見た刑事もの。失敗を恐れて、周りを気にして生きる主人公が突然スイッチがはいったように暴走する。推理そのものは特に奇抜ではないけれど、刑事ではなく、鑑識の目線が面白かった。主人公の心の動きが自分には痛いほどわかる。怒られること責められることに怯えている自分のようで辛かった。。。

2013/04/22

crazy cool joe

鑑識の淡々とした日常が垣間見れる。最後の終わり方が悪い意味で人間らしくてよかったと思う。面白かった。

2016/02/17

衛兵

首藤さんは初めて。序盤に発生した事件がスルーされることに、はじめ違和感を感じたが、鑑識係にとってはこれが日常か。なるほど、こういう描き方もあるのかと納得。他の作品も読んでみたくなった。

2016/04/12

十六夜(いざよい)

幹部に目をかけられ、所轄署刑事から県警本部へと異例の出世を果たした八神は、畑違いの鑑識課でベテラン課員を率いて緊張の連続。愛宕(おたぎ)港で引き揚げられた死体は、窃盗で5ヵ月前に出所したばかりの男だった。男の行動を不審に思った八神が秘かに調べていくうちに、未解決の金塊盗難事件が浮かび上がる。

2021/02/12

感想・レビューをもっと見る