読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新参者 (講談社文庫)

新参者 (講談社文庫)

新参者 (講談社文庫)

作家
東野圭吾
出版社
講談社
発売日
2013-08-09
ISBN
9784062776288
amazonで購入する

新参者 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

加賀恭一郎シリーズ第8弾。加賀の日本橋署への転勤にともなって、この地域界隈を舞台に物語が展開する。核となるのは小伝馬町で起こった殺人事件。その事件を巡って8つの章で様々な人たちの悲喜劇が繰り広げられる。すべては事件の周縁のいわば些細な事柄である。本書の眼目は推理やトリックにはなく、むしろ水天宮、人形町といった江戸情緒の残るこの界隈そのものを描くことにあった。もちろん、加賀あってのことなのだが。そして、最後の章で全てが明らかになり、物語は見事に円環を結ぶ。エンディングがまた絶妙。東野のうまさが際立つ1篇。

2021/02/20

Tetchy

各章で明かされる各家庭が抱える秘密や問題は我々市井の人間にとって非常に身近で個人的な問題だ。通常は当事者しか解らないがひょんなことで表出した時に謎へと変わる。そんな謎を加賀は細やかな観察眼と明晰な推理力で解き明かす。このどれもが人間の心の不可解さを表している。しかし全てが明かされると、この世界は人間の優しさや人情で出来ているのだと温かい気持ちになるから不思議だ。本書は家族への愛を色んな形と角度から描いたミステリだ。人の心こそミステリだと宣言した東野氏がこんなにも心地よい物語を紡いだのは一つの到達点だろう。

2016/05/20

nobby

加賀シリーズは作者の様々な手法で描かれていて、面白い。今回はそれぞれ全く関わりないと思われる切り口から見事事件の解決へ。結局、加賀さん独りで解いちゃってるもの(笑)その真犯人なんかより、とにかく一つ一つの逸話に微笑ましさや泣き所があって楽しめた。最後、ある刑事の背景までも描いてるのがニクい。さて、ドラマ借りてこよう♪

2013/11/07

takaC

長々と積んでいましたが今日NRTからSINへ飛ぶSQ便内で読了。何年も前に連載や単行本を読んだ時は自分(や妻)は被害者より年下だったのに今回は年上で、事件の真相よりその事実がショッキングでした。(笑)

2016/06/19

kishikan

事件にかかわる9つの物語。それぞれが独立して意味を持っているのだけれど、最終章まで読むと事件の本質に至るという憎い構成。舞台は人情味あふれる下町人形町。「捜査もしていますよ、もちろん。でも、刑事の仕事はそれだけじゃない。事件によって心が傷つけられた人がいるのなら、その人だって被害者だ。そういう被害者を救う手だてを探しだすのも、刑事の役目です」ドラマの時もそうだったけど、感動する言葉だ。新参者は、本も良いけどドラマもすごく上手く作られているな。ただのミステリに終わっていないところが、やはり東野ミステリ。

2015/10/04

感想・レビューをもっと見る