読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版 (講談社文庫)

僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版 (講談社文庫)

僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版 (講談社文庫)

作家
瀧本哲史
出版社
講談社
発売日
2013-11-15
ISBN
9784062777018
amazonで購入する

僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

本書ではあらゆる意味の投資家になることを奨めている。そのためには常に考えることが大事なのだと実感した。

2016/06/30

あすなろ

書店面陳より購入。筆者は京大で起業論を教えているという。その受講学部別で医学部がNo. 1。彼等は気付いているのだろうという。資格や専門知識よりも自分で仕事を創るという大事さを。その通りであり、それがこれからのゲリラ戦と筆者が称する世の中を生きていく術だと食っていける資格を持ち違う仕事をしている僕が保証しよう。コモディティー化に比しスペシャリティ化。差異が付加価値を生むが瞬時に消える世。これを若者に手渡す。否、我々も読むべきと思う。例えば資格で食える等時代錯誤も甚だしい。資格者を遣える者となれがこれから

2019/11/04

すやすや

これは良書。もっと早くに出会いたかった。ここでいう武器とはこれからの時代を生き残っていく、勝ち上がっていく力のことである。お金を稼ぐ人のタイプを分類して、それぞれのやり方について解説していくものであるが、非常に鋭い洞察が加えられている。問題はこの本を読んで「なるほどー」と思うだけなのか、「この人が本質的に話そうとしていたのは…」とこれからの時代と自分の持ちうるものについて考えるかによって変わる。投資家は一手間に時間を惜しまない。 「君たちはどう生きるか」もブームになっているし、先見の明がある著者だと思う。

2018/02/04

ごへいもち

コモディティになるな。若い人たちに読んでもらいたい

2015/02/27

kubottar

従業員満足度の高い職場にすれば、お客様にとってもいい会社になるだろう。そこが一番気に入った。

2020/08/04

感想・レビューをもっと見る