読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

愛と哀愁の「皇室」秘史

愛と哀愁の「皇室」秘史

愛と哀愁の「皇室」秘史

作家
河原敏明
出版社
講談社
発売日
2006-06-21
ISBN
9784062810302
amazonで購入する

愛と哀愁の「皇室」秘史 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちゃとら

元号が変わると決まった頃たまたまBOで手にした積本。明治天皇からの天皇家の系図が載っている、直径以外の皇室はほとんど知らなかった私には驚きの連続😱皇室典範での女性天皇を認めていない所では、道教が女帝の寵愛を受けて皇位を狙った⁈とか。東久邇稔彦の破天荒な生き方とか。三笠宮の皇籍離脱騒動など。明治天皇、大正天皇の崩御の様子も。イギリス王室との比較。少々ゴシップネタのような部分もあったが私には良い勉強になりました。女性天皇問題は直近の大きな課題ですね。令和の時代も戦争のない時代である事を祈ります。

2019/05/02

kinupon

皇室本は沢山出ていますが、入門書としては最適です。

2013/09/17

感想・レビューをもっと見る