読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

永続敗戦論 戦後日本の核心 (講談社+α文庫)

永続敗戦論 戦後日本の核心 (講談社+α文庫)

永続敗戦論 戦後日本の核心 (講談社+α文庫)

作家
白井聡
出版社
講談社
発売日
2016-11-18
ISBN
9784062816519
amazonで購入する

永続敗戦論 戦後日本の核心 (講談社+α文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐島楓@執筆中

第二次世界大戦の「敗戦」を認めずに、「終戦」と位置付けてきたことに端を発する嘘と欺瞞に満ち満ちた日本の政権史。世界中のパワーバランスが急速に変化する今こそ過去の事実を総括すべきではないのか。歴史の証言者がこの世から去りつつある現実があるからこそ、最後のチャンスであるように思う。

2019/01/20

猫丸

日本の支配層はアメリカによる「戴冠」を経たものに限られる。そしてアメリカの国益を損なう線に触れるや否やその行動にストップがかかる仕組みになっている。そう、そこまでは想定内。本書読後に浮上した疑問は大衆とアメリカの関係。為政者の欺瞞に安易に同調するほど大衆には自律性が欠けているものだろうか? 親米右翼という思想的奇形に無自覚な層が国民のどれほどを覆っているのだろうか? どうも気になってしまう僕の弱点は若い頃に根付いた吉本思想だとの自覚はあるんですが。まさか、みんなアメリカを「同盟国」と思っているのかな?

2019/01/09

ネムル

加藤典洋言うところの「ねじれ」を、「否認」という形でより政治的に考察している。現状認識として読んでよかったし、より踏み込んだ勉強するのによい下地になる。が、いかんせん鼻息の荒い文章が苦手だ。心情的には著者に共感するのだが。

2019/09/18

なっぢ@断捨離実行中

著者はレーニン研究を専門とする若手の政治学者だが、本書を党派性云々で評価することほど馬鹿げたこともないだろう。戦後日本を規定する対米隷従路線――支配層のみならずわれわれ市井の人間すらをも貫くこの馬鹿げた精神構造は左派のみならず江藤や福田、三島などの右派も論じているいわば戦後の「共通認識」だからである。この幾度となく反復されてきた議論を原発問題をネタに若手論客が再び蒸し返しただけの話で、別段白井が過激な主張をしてるわけではない。これはあくまで「基礎教養」。過剰反応は馬鹿かカルトかを露呈するだけである。

2017/02/12

ミヒャエル・安吾

現代日本まで連綿と伝わるレジームについて書かれた本。 著者のいう「永続敗戦レジーム」とは、「敗戦を否認したい為に、それを可能とするアメリカへの隷属を続けなければならず、深いアメリカ従属を続ける限り、敗戦を直視しなくて済む」という「体制」のことである。言い換えると「敗北を否定するが故に敗北状態が続いてしまう」という事である。 色々思うところはあるのだが、この事が日本に市民社会が生まれなかった理由なんだろうな。

2017/11/20

感想・レビューをもっと見る