読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

三人の二代目 下 上杉、毛利と宇喜多 (講談社+α文庫)

三人の二代目 下 上杉、毛利と宇喜多 (講談社+α文庫)

三人の二代目 下 上杉、毛利と宇喜多 (講談社+α文庫)

作家
堺屋太一
鈴木成一デザイン室
出版社
講談社
発売日
2017-09-21
ISBN
9784062817257
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

「天下獲り」まであと一歩のところまで来ながら、信長は本能寺の変に倒れる。幼少の宇喜多秀家は、美貌の母・お福の知謀により、羽柴秀吉に接近。その猶子となることで、「お家の安全」を図ろうとする。一方、北陸の勇・上杉景勝は領内の平定に手を焼き、毛利輝元は二人の叔父の言動に翻弄される。「三人の二代目」の行く末を決したのは、「女の助言」だった――。激動の戦国期を描いた堺屋歴史巨篇、いよいよ大団円。

三人の二代目 下 上杉、毛利と宇喜多 (講談社+α文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yuya

ついに下巻も読み終えました。それぞれ環境は違うけれど、自分の理想を求めて行動していく姿勢に心打たれるものがありました。登場人物が多すぎて、話もあちらこちらに展開させる嫌いがありましたが、普段はあまりスポットライトの当たることが少ない上杉景勝、毛利輝元、宇喜多秀家について、彼らの苦悩の一端が垣間見えて面白かったです。

2018/01/03

Mark X Japan

課題山積みの三人の二代目は、関ヶ原で不覚をとりました。その後の様々な困難に対しての取り組みや対処は、凡庸でない二代目の証明です。先代との比較や継承の難しさを知り、範は歴史にあり、を噛みしめました。☆:4.5

2017/11/11

感想・レビューをもっと見る