読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ゴダールと女たち (講談社現代新書)

ゴダールと女たち (講談社現代新書)

ゴダールと女たち (講談社現代新書)

作家
四方田犬彦
出版社
講談社
発売日
2011-08-18
ISBN
9784062881180
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

ジーン・セバーグ、アンナ・カリーナ、アンヌ=マリ・ミエヴィルたち女神との物語から描く著者始めての書き下ろしゴダール論。女に逃げられるという天才的才能を持ち映画の革命的異端児として生きたゴダールの足跡を辿る。

ゴダールと女たち (講談社現代新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

コットン

4人の女性越しの視点でゴダール監督を語る本。ゴダールの作品は何本か観ているが、「日常の全てが演技でありノンセンスな虚構であることの幸福さを謳いあげる」と紹介された『女は女である』が観たくなり鑑賞しました。

2013/01/26

Y2K☮

ジョン・レノンやデヴィッド・ボウイのアルバム、或いは村上春樹の小説や中邑真輔のプロレスと同様、ゴダールの映画を見ると創作意欲が高ぶる。既成概念の破壊や成功体験を捨てて変化する事を厭わぬ実験精神のおかげ。アンナ・カリーナの明るさよりもアンヌ・ヴィアゼムスキーの妖しさに惹かれる。彼女の書いた小説を読みたい。生涯のパートナーとなったミエヴィルとオノヨーコの対比も興味深い。正反対の様で案外似ている。ジョンとゴダールにそういう対談をして欲しかった。才を枯渇させないのも才能。ケミストリーをもたらす伴侶の役割の大きさ。

2017/11/08

Y2K☮

私の手元にある「勝手にしやがれ」のDVDの背表紙によると、脚本はゴダールでトリュフォーは原案である。でもこの本によると、トリュフォーが脚本らしい。まあいずれにしてもゴダールが即興演出で大幅に変えたんでしょうな。私はあとがきで書かれている「60年代のゴダールだけ見てカッコいいと思っている」ファンの一人です。「勝手に~」「気狂いピエロ」「女は女である」「はなればなれに」「中国女」を見ました。やはりピエロが一番好き。今まで見た映画の中でも。故に本書もセバーグとカリーナの章に惹き込まれた。「少女」も読んでみたい。

2014/03/09

たくのみ

薄倖の聖女のジーン・セバーグ、いつまでも現役で「アイドル」のアンナ・カリーナ、マオイストのアンヌ・ヴィアゼムスキー、素敵なパートナーのアンヌ=マリ・ミエヴィル。ゴダールが見出し、育て、離れていった女性たちからフランス映画の魅力がひしひしと伝わってくる本。未見でも安心な丁寧な解説がうれしい。アンナ・カリーナが岡崎京子の漫画を見て喜んだエピソードもあり、初期ゴダールがまた見たくなります。

2013/05/21

ohashi

ゴダールは『勝手にしやがれ』と『軽蔑』が好きで、観賞可能な作品は全部見てるけど、テンポいいよなあ。セバーグ負け組って、書いてあったけど、彼女は、随分、生きずらく生きてしまったのかなあ。『はなればなれに』も、いいですね。カリーナかわいい。で、この本は、とても面白いです。どういう、とこがっていうと、ゴダールは女に逃げられるたびに、自己変革を自分に強いたとかいってるとこが。で、今頃、思いだしたけど『勝手にしやがれ』トリフォー脚本って。

2013/09/16

感想・レビューをもっと見る