読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

現代小説クロニクル 1985~1989 (講談社文芸文庫)

現代小説クロニクル 1985~1989 (講談社文芸文庫)

現代小説クロニクル 1985~1989 (講談社文芸文庫)

作家
日本文藝家協会
村上春樹
島田雅彦
津島佑子
村田喜代子
池澤夏樹
宇野千代
佐藤泰志
出版社
講談社
発売日
2015-02-11
ISBN
9784062902618
amazonで購入する

現代小説クロニクル 1985~1989 (講談社文芸文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケイ

再読だったとは。「象の消滅」二人の心流に心あたたまる。「ユダヤ系青二才」島田雅彦 タイトルが秀逸。まさにそういうことだ。若さの狂疾。「ジャッカ・ドフニ」津島佑子 不穏さが耐えきれない 「鍋の中」村田喜代子 鍋の中へ何でも入れてごっちゃ混ぜ。あらまあ、たいへん。「スティル・ライフ」池上夏樹 村田喜代子さんおすすめ。最初の2頁の落ち着いた感じがすごく好き 「一片の春風が吹いてきた」宇野千代 寝取ったってこと?、かな。「大きなハードルと小さなハードル」斎藤泰志 びっしりと、に感じる気持ち悪さ、生きづらさ。

2018/09/15

ケイ

現代小説といっても、はや30年近く前。バブルが始まって、日本が沸きあがろうとしていた頃。この時期の小説はどこかシュールだ。村上春樹の黎明期になるのかな、この頃は。その春樹作品がまたわかりやすく思える他の作品たち。モノの価値が今とは違ったのだと、作品群を読んで思った。今は随分とハートウォーミングな作品が増えている。春樹作品「象の消滅」、象とともに消えた飼育員が渡辺昇と聞いてニヤっとした。この話は悪くない。村田喜代子の「鍋の中」は良かった。後は作品たちには、シュールだなあという以外に言葉が出てこない。

2015/04/10

biofeedback

佐藤泰志「大きなハードルと小さなハードル」フィッツジェラルド「バビロン再訪」を思い出した。アルコール中毒の話。なった人しか、読んでもわからないのか。吾妻ひでおもあったな、アルコール中毒のネタ。

2016/07/24

ハイザワ

前巻とかなり印象が違ってきている。会話に流れるような軽さが現れていることが大きな要因なのだろうか? 初読の印象だと、『ジャッカ・ドフニ』がいちばん印象に残った。追想の切実な痛々しさが、空想の家中で暮らす三人の幻という形で迫ってきていたように思う。『鍋の中』は技巧的な要素が目立った。主人公の心内イメージとしてテクストに現れたものがその次の文章で当たり前のように出現しているのだ。

2016/04/25

いのふみ

バブルの始まりの頃の文学。社会情勢で輪切りにすると、世相との関連が見えて興味深い。20代の「青二才」島田雅彦あたりから、90歳にもなんなんとする「大家」宇野千代まで。新世代と旧世代の混交は文学の可能性だろう。時代の流れにも、世代間の交錯にも負けず、みなそれぞれの信ずる表現を通してきたのだろう。

2015/05/13

感想・レビューをもっと見る