読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

酒と戦後派 人物随想集 (講談社文芸文庫)

酒と戦後派 人物随想集 (講談社文芸文庫)

酒と戦後派 人物随想集 (講談社文芸文庫)

作家
埴谷雄高
出版社
講談社
発売日
2015-12-11
ISBN
9784062902922
amazonで購入する Kindle版を購入する

酒と戦後派 人物随想集 (講談社文芸文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くみ

埴谷さんによる友人作家たちの思い出を綴ったエッセイ。辛辣なのかと思いきや初めの荒正人さんで心掴まれる。その表現が巧みで思わず、笑ってしまいました。お酒が入って議論はもちろん、みんなで碁会を開いたり家族ぐるみでお花見したりその付き合いの深さに感じ入りました。サド裁判に特別弁護人として出廷したり後輩に芸者との仲立ちを頼まれて一肌脱いだり面倒見がすごくいい。埴谷さんの経歴を見てると(特に奥さんを堕胎させてまで子供を持たなかった点)ちょっと戦慄も感じますがこの本では友人たちへの愛が惜しみなく表現されていました。

2018/10/13

ゆーいちろー

結果的に戦後派の「長老」となってしまった作者が、生活のためもあろうし、あるいは生来の世話焼きな性格もあってか書き連ねた交遊録エッセイ。しかし、本書に取り上げられている名前がすごい…「近代文学」同人の荒、平野、本多、小田切あたりは勿論、石川淳、坂口安吾、三島由紀夫、堀辰雄、澁澤龍彦、花田清輝、中野重治、吉本隆明、大江健三郎などなど…こんな文章を読まさせられると、俄然戦後派をきちんと読み直したくなる。しかし、一番感動的なのは武田泰淳、百合子夫妻の最後を看取った時の文章。作者の本当の人柄が窺える美しい文章。

2016/05/31

おじさん達が集まって飲んだり、議論したり、踊ったり、囲碁したり、飲んだり、飲んだり、飲んだり…とはしゃいでてかわいい。でもおじさんだから、いい歳だから、病気になったり死んだりしてしまう。私の今遊んでる友達も、そのうち病気になったり死んだりしてしまうんやな、と思った。

2019/05/10

感想・レビューをもっと見る