読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ヘンリー・ジェイムズ傑作選 (講談社文芸文庫)

ヘンリー・ジェイムズ傑作選 (講談社文芸文庫)

ヘンリー・ジェイムズ傑作選 (講談社文芸文庫)

作家
ヘンリー・ジェイムズ
行方 昭夫
出版社
講談社
発売日
2017-08-10
ISBN
9784062903578
amazonで購入する Kindle版を購入する

ヘンリー・ジェイムズ傑作選 (講談社文芸文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

星落秋風五丈原

『マダム・モーヴ』は『ある夫人の肖像』のリベンジ篇と言える。夫が変に純愛にこだわらずラブアフェアで留めておけばおきなかった悲劇。『五十男の日記』は自分の失敗談を話して「その恋愛やめときなさい」と忠告する男が正しいかに見えて…あえて視点を動かさないことが功を奏している。

2021/03/27

くさてる

百本に及ぶ中短篇の中から厳選された五本が収録されたもの。これが本当に面白い。人間性の複雑さと他者との関係性によって生まれるドラマは、時代と国境の壁を越える面白さを生むのだなあと感じた。ラストに至るまである意味でなにも起きない「モーヴ夫人」のスリリングさと、現代にも存在しそうな空虚で高潔で無力な人々を描く、なんともいえない後味のある「ほんもの」の二作がとくに心に残りました。

2017/10/22

拓也 ◆mOrYeBoQbw

中短篇集。『鳩の翼』『黄金の杯』等の傑作長篇が有名なジェイムズの中短篇5作を収めた一冊です。夏目漱石が挫折した難解の長篇とは違い、収められた作品は難解さが抑えられ、尚且つ心理描写の妙と、人称・視点の上手さは後期長篇と比較しても引けを取らないと思います。この本は幻想的な作品は省かれ人間関係と愛憎劇、そして芸術に関するリアリズム寄りの選になりますが、そこはコンラッドと同じく、物語の文法と語りの上手さ。一見メロドラマの様なあらすじも、精妙な対話劇と心理劇と化すのが驚異的ですね~(・ω・)ノシ

2018/04/25

ぺったらぺたら子 

HJの小説は極上ながら濃厚過ぎて食べきれないケーキに似ている。つい上半分だけ食べて下半分を残してしまったりもするのだが、すると丁度横に居た美しい婦人が私の方を見て言うのだった。「あら、上半分を残されるのですね。」私が残したのは下半分ではなかったのか。しかし、もしかすると給仕が、一度床に落として拾った時に上下逆になったのかも知れず、またその婦人はその瞬間を見ていたのかもしれないのだ。そして、私が過去に食べたケーキが全て下半分であったならば、私はきっとこの様に生涯独身として幸せとは言い難い人生を送り(以下略)

2018/04/24

Hotspur

外科手術のように心理が摘出描写される。プロットは心理描写に従属する。加えて、語り手が当てにならないことでより事情は複雑になる。ヘンリー・ジェイムズは、『ねじの回転』や『デイジー・ミラー』辺りしか読んだことはなかったが、面白い。続けて読もう。

2018/05/10

感想・レビューをもっと見る