読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

三軒茶屋星座館 1 冬のオリオン (講談社文庫)

三軒茶屋星座館 1 冬のオリオン (講談社文庫)

三軒茶屋星座館 1 冬のオリオン (講談社文庫)

作家
柴崎竜人
出版社
講談社
発売日
2016-02-13
ISBN
9784062930468
amazonで購入する Kindle版を購入する

三軒茶屋星座館 1 冬のオリオン (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゴンゾウ

星座館なので上品なイメージでしたが、三軒茶屋だからヤンチャになりますね。登場するギリシャ神話の神々もヤンキーで俗っぽい。これは本来の姿でギリシャの神様も人間の延長だから。決して上品ではないけど愛すべき人達が沢山登場する。次作が気になります。

2018/07/30

サンダーバード(読メ野鳥の会怪鳥)

猥雑で下町の雰囲気を残した街三軒茶屋。立ち飲み屋、お洒落なレストラン、風俗店が同居するそんな街。その三軒茶屋にある小さなプラネタリウム兼バーを舞台にした連作短編集。店長の和真の元に突如現われたのは長年音信不通だった弟創馬とその娘月子。彼らと店の常連らが繰り広げる日常劇。三茶にこんな店があったらきっと通ってしまうだろうな。グラス片手に寝てるかもしれないけどね。サクッと読める話でした。「まほろシリーズ」と感じが近いかな。でも残念ながら、まほろに比べるとキャラが弱い。ギャグのような神話もなんだかさぶい。★★

2016/03/01

はる

表紙の雰囲気から静かな物語かと思ったらちょっと違う。主人公もチャラい感じで読み初めはちょっと微妙。でも、人情味ある物語や個性的な登場人物は読んでいて楽しく、彼らが絆を深めていく展開は素敵です。最初は嫌悪感さえ感じたギリシア神話の下世話な意訳も、慣れてくると楽しくなってくる笑。ラストも爽やかで良かった。

2019/10/17

たるき( ´ ▽ ` )ノ

プラネタリウム兼バーという設定に、ものすごーーーーく惹かれた!!星座にまつわるギリシャ神話には興味があったけど、そういう本を読む気にならず知らないままだった。この本で知ることができたけど、とっても現代風な訳し方(笑)ぶっ飛びすぎていて、もう少しソフトな方が良かったな(^^;)だけど、こんなバーには行ってみたい♪話自体は面白かったので、続きも読んでみようかな。

2017/04/13

pukupuku

プラネタリウム、金髪、マッチョにオカマ、怪しげなマチ金。様々なピースが埋集められ、いったいどんな画が出来上がるのだろう。星座に纏わるギリシャ神話の話は面白いんだけど、あの語り口にちょっとまだ馴染めないかな。和真と創馬の間にも何やら秘密めいた話がありそうだし。気軽に読める感じがいい。

2018/10/29

感想・レビューをもっと見る