読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大幽霊烏賊(下) 名探偵 面鏡真澄 (講談社文庫)

大幽霊烏賊(下) 名探偵 面鏡真澄 (講談社文庫)

大幽霊烏賊(下) 名探偵 面鏡真澄 (講談社文庫)

作家
首藤瓜於
出版社
講談社
発売日
2015-06-12
ISBN
9784062931250
amazonで購入する Kindle版を購入する

大幽霊烏賊(下) 名探偵 面鏡真澄 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yumiDON

後編もスピーディであり(流れる時間はゆっくりだけど)な展開で面白く読めました。ただ、前編にくらべ不気味さが減り肝心の真相がちょっと肩透かしで残念でした。そうは言っても、今までのあれこれが、納得はできた。使降の何とも空気読まない感と偉そうな感じは、鼻につきましたが、それもそういうことだったのかな。面鏡の出番が少なく、もうちょっと活躍を見たかった。何はともあれ、首藤さん他の作品も読んでみたい。

2016/07/30

たこやき

開放的な病院で「危険」とされる「黙狂」は何者? そんな謎を中心に添えつつも、日常のエピソードを主に綴られる物語。トリック、そして、一つの真相が憶測だけ、というのは欠点だと思う。しかし、作中で語られる冒険譚、神学、精神医学……そういうものの断片的なエピソード。さらに、現時点での出来事。それらがしっかりと伏線となって、ほぼ全ての謎について納得できるだけの説得力を持っているのは見事の一言。……ただ、正直、登場人物の名前の読みづらさはどーにかならなかったのか、とは思うが……

2015/09/11

M.I

解説にあるようにドグラマグラ的大活劇だった 主人公の相棒な人物の存在が重要なようで希薄なのが引っかかっていたので やはり。。という感はぬぐえない。 鼠老の妄想が全部事実だったらおもしろい

2015/07/02

k

うーん、すっきりしないがそんなもんか。 面白かったが。

2018/08/26

エラリー

タイトルに騙された。名探偵は活躍しないし、そもそも名探偵が必要となるような事件が発生しない。「ある日の精神病院」が上下巻にわたって描かれただけの話だった。決してつまらないと思いながら読んだわけではないが、タイトルから期待していた展開にならなかったのには肩透かしを食らった気分。うーん。

2015/09/15

感想・レビューをもっと見る