読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

嗤うエース (講談社文庫)

嗤うエース (講談社文庫)

嗤うエース (講談社文庫)

作家
本城雅人
出版社
講談社
発売日
2016-12-15
ISBN
9784062935425
amazonで購入する Kindle版を購入する

嗤うエース (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Masaaki Kaneda

相変わらずの着眼点の違う野球物 でもスポーツ物と言うよりは家族愛に飢えた孤独な人の物語って感じでした

2017/06/19

あらあらら

幻冬舎文庫版で読了

2014/04/21

トシヒーロー

もっと八百長の闇にドップリとハマったストーリーと想像していたが違ったな。最後の最後まで浪岡の心情が出てこないため、刑事、記者の視点から真相を解明して行く、ミステリー要素が強かったと思う。

2017/01/12

詩界 -うたか-

#読了 #本城雅人 #嗤うエース◆誘拐された子供を助ける筈が取引に失敗し、犯人からのコンタクトも無くなってしまった——。浪岡は小さな村から少しずつ野球選手への道を歩んできた。時をかけてじっくり紡がれる物語。浪岡は八百長試合をしているのか?刑事・半澤は疑惑を持つ。

2020/02/16

TOSHI

球界の逸材・浪岡投手を巡り、彼が野球賭博に関わったのかどうかを小学生時代からプロ野球に至るまで、多くを語らない浪岡に対して、浪岡と関わりのある様々な人が自分の視点で浪岡を語るが果たして真実の浪岡は・・・。それぞれの思惑はあるものの、皆から慕われている浪岡の魅力と凄みが、却って不気味さを演出していて引き込まれる。イカサマと演出、博打のネタにされてしまえばどちらも同じものになってしまうのだろうかとふと思った。

2017/02/19

感想・レビューをもっと見る