読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

邪悪(上) (講談社文庫)

邪悪(上) (講談社文庫)

邪悪(上) (講談社文庫)

作家
パトリシア・コーンウェル
池田真紀子
出版社
講談社
発売日
2016-12-15
ISBN
9784062935463
amazonで購入する

邪悪(上) (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ひめ

年に一度のお楽しみのはずが、どんどん期待外れになっているけど、いつものメンバーに会えるのはうれしいという複雑な心境です。事件が起きているんだけど、それにはほとんど触れず、ケイの疑惑に。いったい何なの?何がどうなっているの?がんばっている人の足をひっぱるのがFBIなの?事件とどう関係あるの?これらがすべて下巻の解決するのかなぁ。夫婦であっても話せないことがある。そんなのってしんどいだろうなぁ。愛しているのならなおさら。

2017/01/09

Yunemo

毎年末年始の恒例として。検屍官としての活躍の場を感じたいのに。本編では、17年前の映像と前作品の解明に重きが置かれ、思い出すのに躊躇して。検屍とは、自分の目で見、触れ、聞く、嗅ぐはずなのに、この部分が薄れてきてるのが原因?何かいる、何かある、何かの気配を感じる、この世界とは違うはず。シリーズとして捉えなければ、新しい分野としてもっと身近に感じられたはず。何故にスカーペッタがこの世界に入っていくの。文中に唐突に出てくるデータ・フィクション、不思議な世界。ルーシーの魅力をもっと表わしてと、下巻に期待を込めて。

2017/01/03

マッピー

仕事もルーシーのことも誰にも任せない。そしてどちらも中途半端。それが事態をややこしいことにする。私に言わせるとケイは決してできる女ではない。”自分は自制心の強い慎重な人間であると信じてきた。忍耐力があって辛抱強く、論理的で、感情に動かされない科学者のつもりでいた。”私はケイほどいつも他人にイラついて、感情を爆発させないように努力していると言い続ける人を知らない。全く進歩なし。

2018/11/10

T. みぃた

昨年末に○談社さまの献本に当選したものの、このシリーズ読むの5~6年中断していて、穴埋めを待ってたらいつまでも読めそうにないので、飛ばして読むことに…。が、案の定前の事件が大きく絡んでる模様。。スカーペッタに送りつけられた謎の動画。ルーシー邸を捜査する(根こそぎ持っていく)FBIとの攻防。スカーペッタもマリーノもルーシーも相変わらず我が道を行くでビックリ!上巻終わってもまだ半日過ぎたところ。下巻へ!

2017/12/11

ひさか

2016年12月講談社文庫刊。シリーズ23作め。シリアルキラーのキャリーの事件が続くのですが、ものすごく冗長です。おそらく、先に本の厚さが、決まっていたんだろうと思います。このシリーズはいつもこの分量です。

2017/03/02

感想・レビューをもっと見る