読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

シャーロック・ホームズ対伊藤博文 (講談社文庫)

シャーロック・ホームズ対伊藤博文 (講談社文庫)

シャーロック・ホームズ対伊藤博文 (講談社文庫)

作家
松岡圭祐
出版社
講談社
発売日
2017-06-15
ISBN
9784062936996
amazonで購入する Kindle版を購入する

「シャーロック・ホームズ対伊藤博文 (講談社文庫)」のおすすめレビュー

シャーロック・ホームズと伊藤博文が共演!? ベストセラー作家が放つ、興奮の歴史ミステリー 松岡圭祐著『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』

『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』(松岡圭祐/講談社) 2010年以降、BBC放映のドラマ『SHERLOCK(シャーロック)』をきっかけに、全世界で巻き起こったシャーロック・ホームズブーム。今年はファン待望のドラマ第4シーズン『SHERLOCK 4』が放映されるということもあり、その人気と勢いはとどまるところを知らない。そんなブームのさなか、ホームズの新たな冒険を描いた注目のミステリー小説『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』(松岡圭祐/講談社)が刊行された。

これはそのタイトルどおり、名探偵シャーロック・ホームズが明治期の偉人・伊藤博文と競演を果たすというコンセプトの作品。ミステリー界の巨匠・島田荘司が「これは歴史の重厚に、名探偵のケレン味が挑む興奮作だ」と熱い推薦コメントを寄せているように、ミステリーと歴史小説、フィクションと史実が高いレベルで融合したエンターテインメントに仕上がっている。

本作でホームズが挑むのは、1891年に起こった「大津事件」にまつわる謎だ。日本史の授業で習ったという方もいるだろうが、大津事件とはロシアの皇太子ニコライを日…

2017/7/22

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

シャーロック・ホームズ対伊藤博文 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

三代目 びあだいまおう

またもや一気怒濤に読まされました!松岡先生の天才ぶりを堪能!題材を思い付いてもここまで面白くできるのは、私説『松岡圭祐は天才である』が周知の事実である裏付けか。ホームズがかのライヘンバッハの死闘を超え、生き延びた事を伏せたまま日本へ。伊藤博文と組み、大津事件で最悪化する日露関係に踏み込むストーリー。人智を凌駕するホームズの観察眼の凄まじさ、それ以上にそれを描き出す作者の才に私達は狂喜するしかない!リアル過ぎて、ホームズ含め史実の現場を覗いているような錯覚!止まらない圧倒的なリーダビリティを堪能あれ‼️🙇

2019/12/19

徒花

おもしろかった。ラインバッハの滝で宿敵モリアーティを倒した後、じつはシャーロックホームズが明治時代の日本に渡航して伊藤博文と活動していたという歴史改変?(ホームズはそもそもフィクションだけど)ミステリー。タイトルには「対」と入っているけれど、実際には伊藤博文がワトソン役。日本で取り上げる事件はソ連のニコライ殿下が切り付けられた大津事件で、真相を解明し、ロシアと日本の回線を避けらえるのかが物語の中心。エンターテイメント性が高くて最後まで楽しめるし、「兄弟愛」というテーマがあるのも悪くない。

2018/08/21

KAZOO

この作家さんは初めてでしたが、かなりホームズの原典を読んでいる気がしました。ライヘンバッハの滝から落ちで死亡していたものと思われていたのが、しばらく身を隠して日本での日露戦争前の日本とロシアの関係、とくに大津事件の背景を探っていくという物語を書かれています。伊藤博文なども良く調べているように感じました。この作品以外のものも読んでみようかという気になりました。

2017/08/28

ehirano1

ホームズについてはvs.モリアーティ(コナンドイル原作)、vs.ルパン(ルブラン)、and夏目漱石(島田荘司)、夏目漱石≒ホームズ(柳広司)とマッチアップだったりパートナーだったり、果ては憑依(勝手に勘違い憑依www)だったりとある意味、野球のオールスターゲームの起源にも感じます(ワトソンは涙目でしょうけど・・・)。本書は、まさかの本邦初代首相の伊藤博文とはいやはや驚きました。でも、どうして伊藤博文なのか?というのは野暮なのでしょうか。

2021/10/14

yanae

タイトルのインパクトがすごくて手に取りました(笑)ホームズと伊藤博文ですよ?!どんな話なのかと思ったら、伊藤博文の時代に過去に出会っていたホームズが日本に密航してきて、一緒に壮大な事件を解決するもの。ホームズの推理力と、女好きでちょっとダメな伊藤博文のタッグがとてもあってて面白かった。読みごたえあり。ホームズがイギリスに戻ってからもよかった。長かったけど…(笑)何気に松岡さんをちゃんと読むのは初めて!読みやすかったので他もチェックしたい(*^-^)

2017/11/05

感想・レビューをもっと見る