読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新装版 七回死んだ男 (講談社文庫)

新装版 七回死んだ男 (講談社文庫)

新装版 七回死んだ男 (講談社文庫)

作家
西澤保彦
出版社
講談社
発売日
2017-09-13
ISBN
9784062937665
amazonで購入する Kindle版を購入する

新装版 七回死んだ男 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ナルピーチ

不定期に発症する同じ日を何度も繰り返してしまう奇妙な体質、通称“反復落とし穴”を持った高校生“キュータロー”を主人公に起き、祖父が死んだ1日を描いた物語。キュータローは祖父の死を回避する事が出来るのか?!孤独な戦いが幕を開ける。特殊設定×本格ミステリ×パズルの要素が見事に融合。終局の大オチも頭をフル回転させて何とか理解し、その手があったのかとほくそ笑む。西澤先生、恐るべし作品を書いたものだ。笑えて推理して楽しめる良い一冊に大満足!!

2021/01/11

オーウェン

タイトルの意味は同じ日を何度も繰り返しができる体質であり、資産家の遺産争いにキュータローは巻き込まれる。SFの設定をミステリに持ち込んで完全に成功した例。殺された富豪の原因を1日ごとに思案していき、なんとか殺人を防ごうと必死になるが、次々別の人間が殺人に関与しているかと思わせる。殺人の顛末がまた面白く、意外すぎる事実が突然現れる。殺人をいかに防ぐかということばかりに気を囚われていて、まったく予期していなかった。だから酔いつぶれたとか、全員服装が決まっているなどのエピソードが意味を持つことになるのだと。

2021/05/16

三代目けんこと

コメディタッチでライトなドタバタミステリ。面白かった。

2019/12/12

けそけそ

1日を9回繰り返す体質の男が殺人事件に巻き込まれる話 ⭐︎3 1日を9回繰り返す“反復落とし穴”の体質を持つ男子高生が、殺人事件を起きないように画策する。 設定の面白さ、登場キャラクターの魅力、文章の軽快さ、どれも素晴らしく楽しかった。 それだけに、最後のオチ、折角ならもう一捻り欲しいなと思ってしまいました。

2020/11/05

しゅてふぁん

祖父が殺害された一日を何度も繰り返すSFミステリ。意外にもコメディタッチで読みやすく面白かった。いや~、伏兵の多いこと多いこと。同じ一日が何度も違うパターンで書かれていて、人生における日々の選択もこんな感じなのかなと思ってしまった。こちらを選べばこういう結果、あちらを選べばああいう結果、と…。結末にはびっくり。そういうことかーーー!と唸った。

2021/01/16

感想・レビューをもっと見る