読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新装版 七回死んだ男 (講談社文庫)

新装版 七回死んだ男 (講談社文庫)

新装版 七回死んだ男 (講談社文庫)

作家
西澤保彦
出版社
講談社
発売日
2017-09-13
ISBN
9784062937665
amazonで購入する Kindle版を購入する

新装版 七回死んだ男 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ナルピーチ

不定期に発症する同じ日を何度も繰り返してしまう奇妙な体質、通称“反復落とし穴”を持った高校生“キュータロー”を主人公に起き、祖父が死んだ1日を描いた物語。キュータローは祖父の死を回避する事が出来るのか?!孤独な戦いが幕を開ける。特殊設定×本格ミステリ×パズルの要素が見事に融合。終局の大オチも頭をフル回転させて何とか理解し、その手があったのかとほくそ笑む。西澤先生、恐るべし作品を書いたものだ。笑えて推理して楽しめる良い一冊に大満足!!

2021/01/11

三代目けんこと

コメディタッチでライトなドタバタミステリ。面白かった。

2019/12/12

けそけそ

1日を9回繰り返す体質の男が殺人事件に巻き込まれる話 ⭐︎3 1日を9回繰り返す“反復落とし穴”の体質を持つ男子高生が、殺人事件を起きないように画策する。 設定の面白さ、登場キャラクターの魅力、文章の軽快さ、どれも素晴らしく楽しかった。 それだけに、最後のオチ、折角ならもう一捻り欲しいなと思ってしまいました。

2020/11/05

hnzwd

ふとしたタイミングで同じ一日を七回繰り返すという体質を持つ主人公。正月の親戚の集まりの日が、ちょうど繰り返しのタイミングと重なって、その繰り返しの中で祖父を 襲う事件まで発生し。。新装版で再読ですが、SF設定のある西澤作品は好きなので楽しく読めました。自分以外は基本的に同じ行動を取る繰り返しの中で、事件回避を模索するのが良い。1周目の犯人を抑えたら2周目は別の人が犯人になってしまい、同じ事件が起こってしまうあたりが楽しいです。最後のオチも素晴らしく。。解説の北上次郎が"すごいぞ。"で締めるのも頷けます。

2017/09/29

きさらぎ

あまりこういうの、読み慣れないので戸惑ってしまった。(パズルミステリーというらしい) 一日を9回も反復するっていう設定が奇想天外で面白い。 若干ついていけない部分もあったし、長く感じたりもしたけど、いつの間にかこの設定を受け入れてる自分がいた。 ただ頭をすごく使うので、普通の小説を読むより疲れた。

2018/06/27

感想・レビューをもっと見る