読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

カラスヤサトシ (アフタヌーンKC)

カラスヤサトシ (アフタヌーンKC)

カラスヤサトシ (アフタヌーンKC)

作家
カラスヤサトシ
出版社
講談社
発売日
2006-08-23
ISBN
9784063144253
amazonで購入する Kindle版を購入する

カラスヤサトシ (アフタヌーンKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

A_kiriko

カラスヤサトシ降臨。漫画家として立つため大阪から上京。都心から離れた安アパートを根城に、日々マニアックな一人遊びに興じる。すぐアパートの鍵を紛失し、すぐ大きい方を漏らす。南京玉すだれが得意で、キャッチコピーは「キモカッコワルイ」。黒鉄ヒロシが表現したように、どうしようもない日常のこの「どうしようもなさ」が、なぜか懐かしい。都内ならどこへでも自転車で移動し、郵便局でタダだと思った小包の箱が実は百円なのを知り、魂の奥底から「俺の百円は世間の千円!!!」とシャウトするキモカワイイ貧乏時代が、個人的には一番好き。

2019/12/03

fuzzsause@のど飴なめよ

再読。4コマ漫画です。 やっぱり面白い♪作者のかなり痛い話が堪能できます。

2014/05/12

4月から新職場の寺

面白い!もう十年も前にスタートした漫画だが古くない。絵も好き。気に入った。笑えたり切なかったり。繰り返し楽しめる感じ。著者と私が近い境遇だからだろうか。

2013/03/15

ビスケ

とうとう「カラスヤサトシ」に手を付けてしまった。集めたくなりそうだから、危険だと思って控えていたのに……。「眼鏡+笑顔」で、絵で見る限りはいい人そうな風貌なのに、言うことは結構キツイし、自意識過剰で、一人遊びが異常なほど上手なカラスヤサトシ。スーパーのテーマソングを聴いただけで泣ける、というネタには笑った。何があっても絶対謝らないという担当氏も、キャラが立っていて愉快。

2010/10/05

椿

面白いな〜と思うのと同じくらい、嫌だな〜ってエピソードがあって。続きを読むか考え中。

2015/01/27

感想・レビューをもっと見る