読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

るくるく(6) (アフタヌーンKC)

るくるく(6) (アフタヌーンKC)

るくるく(6) (アフタヌーンKC)

作家
あさりよしとお
出版社
講談社
発売日
2006-07-21
ISBN
9784063211788
amazonで購入する Kindle版を購入する

るくるく(6) (アフタヌーンKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

白い駄洒落王

就寝前に読了。ちょっと中弛みかな。

2014/01/09

むきめい(規制)

繊細?な料理ができない(一桁人分)のがかわいい。

2016/11/21

ヘムレンしば

六文の過去に何かあったみたい?この巻では六文の失われた過去の記憶を探るような内容が出てきました。ぺるちゃんが六文達の家に居候しだしたのも、何か理由があるのかなぁ。

2015/07/20

芙美夫

期待を裏切らない南足先輩。

2016/02/13

furugenyo

独活の話。「悪魔が夜に扱う白くて細長いものが骨以外にあるか」他の宗教を一切認めないことが出発点になると、全ては疑われ、白も黒になる。なにせ正しいのはこちら。これって「正義」の考え方と似てるね。

2014/01/02

感想・レビューをもっと見る