読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

大停電の夜に (ワイドKC)

大停電の夜に (ワイドKC)

大停電の夜に (ワイドKC)

作家
松苗あけみ
カリュアード(源孝志+相沢友子)
出版社
講談社
発売日
2005-11-18
ISBN
9784063375848
amazonで購入する

大停電の夜に (ワイドKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

すみの

聖夜に大停電。そして繋がる人の縁。必ずしも納得ずくめの過去ではないけれど、でも今、此処にいるのはそんな自分が居たから…。映画にもなった作品のコミカライズ。

2014/12/24

roomy

再読。原作があるのですがそちらは読んだ事がありません。松苗さんのマンガには癒されます。だめ男だったりわがまま女だったりでも皆かわいい。大停電の夜には何かいいことがあるのかもしれません。

2012/05/28

大停電の夜に、みんながすこしづつ素直になって、過去を見なおしたりして歩みよれる気分になれる。幸せはほんの少し近寄れば、見つけることが出来るのですね。

2015/02/04

suzuki-takefumi

多分「ハートフルストーリー」とか、そんな感じに分類されるんだろう。登場人物が多い。多いというか、出てくる人物がどいつもこいつも「偶然にも居合わせた実は関係者」過ぎるというか……一昔前のドラマみたい。

2012/03/06

あんすこむたん

いい話。最後に人物相関図があるので、分かりやすい。

2012/02/27

感想・レビューをもっと見る