読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

誰も寝てはならぬ(15) (ワイドKC モーニング)

誰も寝てはならぬ(15) (ワイドKC モーニング)

誰も寝てはならぬ(15) (ワイドKC モーニング)

作家
サライネス
出版社
講談社
発売日
2011-05-23
ISBN
9784063377224
amazonで購入する Kindle版を購入する

誰も寝てはならぬ(15) (ワイドKC モーニング) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yoshida

ゆるゆる大人生活。「コワイ話」でマキオちゃんにスポットがあたる。全体として恋愛話が多かった巻。ゴロちゃんと平井さんの馴れ初め。ゴロちゃんとハルキちゃんの「手切れの話」。不器用なヤーマダくんとオカちゃん。オカちゃんとハルキちゃん。ハルキちゃんとシモヤナギさんの姪。ヤーマダくんと亜美さん。ゆるゆるな日常のなか、誰と誰が結ばれるのか。

2015/03/14

夜梨@灯れ松明の火

15巻目だというのに、しかも、ただただ「寺」の日常が描かれているだけなのに、全く飽きさせない「何か」があります。何なんでしょうね。それが「油断」の魅力なのかもしれません。本屋でヤーマダくんが立ち読みしている雑誌が「ザ・工事現場」本線と全く関係ない所が今回の1番のツボだったかも(^_^;)

2013/03/26

ぺぱごじら

ゆるゆると流れる日常話。何と15巻ですよ(笑)。ハルキとヤーマダくんを岡ちゃんフィルターで覗いてみたり、ヨリ・平井の姐さんコンビの可愛らしさが垣間見えたり。一番噴いたのは、バラ談義から始まる恋愛論(笑)。

2011/06/09

まつじん

進展あるようでなし、といったトコでしょうか。

2017/01/13

オニやんま

寝る前に読みました。ゆるいなりに自分を理解して生きてる人をみると安心する。

2011/06/15

感想・レビューをもっと見る