読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天上の虹(20) (KC KISS)

天上の虹(20) (KC KISS)

天上の虹(20) (KC KISS)

作家
里中満智子
出版社
講談社
発売日
2007-02-13
ISBN
9784063406313
amazonで購入する

天上の虹(20) (KC KISS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

どあら

新田部皇子と氷高皇女はお似合い♥珂瑠は相変わらず幼い(-_-;)

2016/08/08

ten

第56章 安麻呂 第57章 黒髪 第58章 朱雀 草壁の血を引く珂瑠のダメダメな感じが何とも歯がゆい。ところで、安麻呂って…なるほど、それが、作者の解釈なのか。今回は、人のせいにして、愚痴ばかりの人間がたくさん登場してきたなぁ。それに引き換え、新田部、よく頑張った!カッコいいよ!私の中では武市に次いで、暫定2位だよ!

2016/03/11

みかんみかん

再読。カムイの登場で孤独だった大伯皇女の人生に光が見えたようで救われた。

2014/08/16

麻悟

大津の子=カムイ=安麻呂という説には「それもありえたら面白いだろうな」って思う。 新田部と氷高が切ない・・・・ 新田部、いい男だった・・・

2014/05/04

mina

氷高の決意は悲しかったけど、その氷高を利用しまいとして別れを決意した新田部は立派。カムイがついに現れた!

2012/09/17

感想・レビューをもっと見る