読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

金田一少年の事件簿 短編集(2) (講談社漫画文庫)

金田一少年の事件簿 短編集(2) (講談社漫画文庫)

金田一少年の事件簿 短編集(2) (講談社漫画文庫)

作家
さとうふみや
天樹征丸
金成陽三郎
出版社
講談社
発売日
2005-07-12
ISBN
9784063609455
amazonで購入する Kindle版を購入する

金田一少年の事件簿 短編集(2) (講談社漫画文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hannahhannah

短編集第二弾。「鏡迷宮の殺人」はフミのクソガキぶりが凄い。悪質。「金田一フミ誘拐事件」は誘拐されてるフミの頭の回転の速さが凄かった。フミの居場所を見つけ出す金田一も凄いけど。「金田一フミの冒険」はフミが主人公。犯人へのセリフが良かった。「白銀に消えた身代金」は金田一の「謎はすべて解けてるよ」というセリフが面白かった。結構、簡単。「フィルムの中のアリバイ」はそれほど難しくないけど、短編にしては犯人の動機が重かった。

2018/08/06

シュウ

フミも美雪もよく危ない目にあう。

2016/10/04

瑠璃

フミちゃんフィーチャー巻。

2015/04/01

十六夜(いざよい)

フミがよく登場した短編集。 特に金田一フミの冒険ではついにはじめの真似事まで…。 この辺からフミがだんだん主要キャラになってきて、ただ生意気だった最初の頃より好きになった。

2019/09/20

なみキミ

レンタル。

2014/12/18

感想・レビューをもっと見る