読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

キッチンのお姫さま(3) (講談社コミックスなかよし)

キッチンのお姫さま(3) (講談社コミックスなかよし)

キッチンのお姫さま(3) (講談社コミックスなかよし)

作家
安藤なつみ
小林深雪
出版社
講談社
発売日
2005-12-06
ISBN
9784063640977
amazonで購入する Kindle版を購入する

キッチンのお姫さま(3) (講談社コミックスなかよし) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

0kaeri

下手な芝居をするドラマよりもストンッと心に響くのはなぜだろう。

2013/03/24

mayukipi

コミック整理中の娘から借りて再読。フジタさんが実はできるシェフだと分かって、廃止になりそうだったフジタ食堂が存続。倒れたと聞いて、空、大地、七虹香で北海道に慌てて行ったけど、萩尾先生もたいしたことなく一安心。問題が無事に片付いてよかったけれど、空、大地、七虹香、茜。4人の恋愛ベクトル絡みそう。茜の大地への想いはかなり強くて、大地から七虹香へのプレゼントの時計を黙って奪って、もらったと嘘までつくほど。茜、大丈夫か⁈茜は精神的に不安定そうで心配かも。

2018/05/04

なぎ

★★★☆☆

みりな

茜じゃなく茜のともだちがいじめてくる まあPTA 何もしないシェフだしな そして茜の大地の嫉妬が

2014/02/17

とんぼ

前巻のラストで茜も七虹香に心を開くようになったかな、と思ったけど、実際かなり態度は軟化したとはいえ、今回のラストのアレは以前より陰湿になってんじゃん。追い詰められたゆえの行動とはいえ、ああいうやり方でしか七虹香に対抗できないのは悲しいね。

2010/10/06

感想・レビューをもっと見る