読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

不思議な少年(7) (モーニング KC)

不思議な少年(7) (モーニング KC)

不思議な少年(7) (モーニング KC)

作家
山下和美
出版社
講談社
発売日
2008-10-23
ISBN
9784063727418
amazonで購入する Kindle版を購入する

不思議な少年(7) (モーニング KC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

眠る山猫屋

心に残ったのは『ヨコハマ・リィリィ』のエピソード。比較的小粒な物語が多かった巻だと思うが、リィリィのエピソードはこのシリーズの真骨頂、人間の素晴らしさが謳溢されていたように思える。実話ベースの物語だろうが、リィリィが次第に美しく見え、最後には神々しくすら映る。なにひとつ変わらなかったように見えたリィリィ。戦後の焼け野原でオルゴールだけを支えに幻想で身を守ってきたリィリィ。けれど彼女は賢者ですら理解の叶わなかった少年の行く末に思い至っていた。そして少年を暖かく送り出すリィリィ。人間って不思議で素晴らしい。

2013/11/18

椿

「ホロ・ファコスネナムン・トラルファマドーラ婦人」「ジェシィ・アダムズ」「会社員Ⅰ」「ペーター・ユルゲン」「ロベルト」「ヨコハマ・リリィ」童話をちゃんと、読みたくなったよ。シンデレラの義姉たちの目のことは知らなかったなぁ。

2016/09/12

exsoy

会社員IってNじゃ?と思ったら苗字の方かw

2011/09/04

くさてる

ちょっと出来にバラつき感があるような。でも第26話「会社員・I」の完成度は素晴らしい。そして第29話「ヨコハマ・リリィ」が個人的ベスト。わたしは万能たる少年が人間の野蛮ともいえる勇気と自由さに負けてしまうタイプの話が好きなようです。

2015/01/24

十六夜(いざよい)

「ホロ・ファコスネナムン トラルファマドーラ夫人」「ジェシィ・アダムス」「会社員I」「ペーター・ユルゲン」「ロベルト」「ヨコハマ・リリィ」収録。どの話もバラエティに富んだ内容で飽きない。ずっと愛する人を待ち続けるリリィさんも素敵な話だったが、物語の謂わゆる"悪役"に焦点を当てた「会社員I」の秀逸なオチ。毎日変わらないし日常を送る事が仕事だなんて、波平さんくらいだもんなー。作者の着眼点が面白い。

2015/01/21

感想・レビューをもっと見る