読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

孤島の鬼(3)<完> (KCx)

孤島の鬼(3)<完> (KCx)

孤島の鬼(3)<完> (KCx)

作家
naked ape
江戸川乱歩
出版社
講談社
発売日
2017-04-07
ISBN
9784063809121
amazonで購入する Kindle版を購入する

孤島の鬼(3)<完> (KCx) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆんこ姐さん@文豪かぶれなう

相変わらず人物の書き分けが…これもう突っ込んで良いよな…。主人公達すら迷うよ?デビュー作のswitchが一番まともだったような。物語としても完成してたし。実家に全巻おいてるわ〜。本作は最終巻なのだけど、原作から感じたぞわぞわ感が、BL的ざわざわ感に邪魔されて相殺されてる感じ。勿体無かったな。

2017/05/08

愛希

完結巻。諸戸の箕浦に対する執着に萌えた。世界に2人だけになったように錯覚させる洞窟のシーンがドキドキする。ラストのゾクッとするような諸戸の狂気のような想いが大好き。 ★★★☆☆

2017/05/01

藤野

最後、洞窟の中で二人きりで死ねたら幸せだっただろうに、第三者が現れた時の絶望はいかほどだったろう。 あと秀ちゃんの設定変わってる?とちょっと思いました。

2017/05/25

こころのかおり

昔原作を読んだ時はもっと刺激が強ーい感じがしたのだけど、こちらは絵の美しさもあってマイルドな印象だったな。読みやすくて良いと思うか、物足りないと思うか。わたしはもっと原作に沿ったドロドロで良かったと思うのだけどなぁ。

2017/08/10

本の虫

ムロトさんが可哀想過ぎる。乱歩特有のエログロナンセンスに報われない同性愛の切なさも相まって耽美で広大なミステリになっていました。主人公はムロトさんを受け入れることは出来ないのに自身の自尊心や復讐のために彼を利用しているし、自分の不安げな様子が年上の友人(ムロトさんに限らず)を惹き付けることもわかっている。その無自覚魔性ぶりが残酷でもあり、美しくもあるのだと思いました。

2018/08/13

感想・レビューをもっと見る