読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ORIGIN(1) (ヤンマガKCスペシャル)

ORIGIN(1) (ヤンマガKCスペシャル)

ORIGIN(1) (ヤンマガKCスペシャル)

作家
Boichi
出版社
講談社
発売日
2017-01-06
ISBN
9784063829082
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ORIGIN(1) (ヤンマガKCスペシャル)」の関連記事

アトムの系譜を引き継ぐ人型ロボットはどう進化したのか? 現代のロボット漫画まとめ

 アトムが誕生したのは2003年だとされています。それから15年たった現在でも、アトムのようなロボットは実用化されておらず、AI(人工知能)の進化は著しいものの、アトムが生まれるまでまだ時間がかかることでしょう。しかしながら、漫画の世界ではアトムの系譜を受け継ぐものたちが、さまざまな活躍をしています。本稿ではそんなロボット漫画を紹介したいと思います。

このまとめ記事の目次 ・アトム ザ・ビギニング ・アイアンバディ ・いぬやしき ・ORIGIN ・AIの遺電子

■21世紀だからこそ描ける新しいアトムの物語

『アトム ザ・ビギニング』(手塚治虫:原案、ゆうきまさみ:コンセプトワークス、カサハラテツロー:漫画/ヒーローズ・小学館クリエイティブ)

インタビュー記事はこちら

 日本のみならず世界中に大きな影響を与えた『鉄腕アトム』は、漫画の神様と呼ばれる手塚治虫氏の代表作のひとつ。ストーリーのおもしろさこそ色あせないものの、やはり今から60年以上前に生み出されたものであり、現代のテクノロジーからみると色々と無理な部分があることは否めません。そんな部分をロボット漫…

2018/11/17

全文を読む

関連記事をもっと見る

ORIGIN(1) (ヤンマガKCスペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

中々ハードボイルド感のある世界だな。将来こんなロボットばかりになると怖いなぁと思いながら読んだ。クオリティの高い戦いだな。

2017/08/14

ともかず

スピード感ある展開で引き込まれました。世界観も近未来のロボットもので好み。主人公は人型ロボットのプロトタイプの“オリジン”。博士の遺言を忠実に守り、合理的な判断を下していくオリジンは人間社会に身を潜めながら、人間を殺すロボットを破壊することを目的としている。オリジンの人間社会に馴染もうと頑張ってるところが面白い笑。戦闘シーンも迫力ある?オリジンは一匹オオカミのようで、ストーリーに無駄が無さそうでいい。

2017/11/06

トラシショウ。

積読消化。ロボット工学で名を馳せた巨大企業の本社ビルが空高くそびえる近未来の東京。人間と見分けのつかない程精巧に造られた青年の姿を持つロボット、オリジン。「起源」の名を冠されながらも平穏な日々を希求する彼に対するは、彼をプロトタイプとして造られた八体のロボット達。深夜の大都会に、人間でないモノ同士の死闘が始まる。超絶の画力の持ち主が青年誌で挑むのは、もはや散々引用されてきた筈のハードボイルドなアクションもの。凄絶にして流麗、見ているだけで溜息の出そうな美しい画面、超常の格闘を堪能した(以下コメ欄に余談)。

2017/02/11

S 2

作画レベルがヤバイ…よくこんなに書き込めるなぁ…

2018/11/06

こと

Dr.Stoneの作家さん。時々やけに色っぽい絵を描くなと思ったらこんなすごい漫画を描いてらしたのねっ緻密でしっかりした描写にびっくりだわ。博士の命令を忠実に守って人間界に溶け込もうと頑張ってるロボットに刺客がやってくる。読者が中年層男性向けって感じで面白い!時々のギャグにちょっとホッとするけど殺人描写がエグいから気分が悪い時には読まないほうがいいと思う

2019/08/05

感想・レビューをもっと見る