読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ひらけ駒!(4) (モーニング KC)

ひらけ駒!(4) (モーニング KC)

ひらけ駒!(4) (モーニング KC)

作家
南Q太
出版社
講談社
発売日
2011-12-22
ISBN
9784063870671
amazonで購入する

ひらけ駒!(4) (モーニング KC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

したっぱ店員

出げいこに出てまた一歩前進する宝。母も対局中、燃える闘争心。ああ、どちらも微笑ましいよう。子どもと同じ事を自分も始める母っていいなあ。勝負の世界を描きながら、温かい気持ちになれる、今お気に入りのマンガ。次も楽しみ。

2011/12/23

Tatuyuki Suzuki

新しい道場に行き、宝のスランプ脱出。母も成長している。

2018/03/28

みやび

そうか、そうきたか。負けまくってる宝に自信を戻すため、三段以下が参加する試合に出場させる母。しかも、そこで優勝して来いと。下手したらこれが変なプレッシャーになってしまうかもしれないのに、宝は頑張った。負けそうな試合も最後まで食らいついて優勝してた。ちょっとおっさんっぽくなった宝に笑ったけど、やっぱり宝は素直で可愛い。子供だと思っても、大樹くんと一緒にいると、ちゃんとお兄ちゃんに見えるね。

2014/03/23

けんぼう

なんだかんだ、お母さんもすきなのは いいことだよ。親の理解あってこそ 子供は伸びる。ただ やらせるだけじゃだめだ。

2012/03/25

ちびのすけ@灯れ松明の火

宝遠征編。ちょっぴり失いかけてた自信が復活して良かった(*^_^*)お母さんと宝の距離感がいい。ステージママでは無いけどしっかり応援してくれる。こういう親って少なさそう。関西遠征編も見たいです。

2011/12/26

感想・レビューをもっと見る