読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ひらけ駒!(5) (モーニング KC)

ひらけ駒!(5) (モーニング KC)

ひらけ駒!(5) (モーニング KC)

作家
南Q太
出版社
講談社
発売日
2012-03-23
ISBN
9784063870930
amazonで購入する Kindle版を購入する

ひらけ駒!(5) (モーニング KC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Tatuyuki Suzuki

水嶋先生がかっこいいのと、涼と宝が強いやつに勝つ

2018/03/28

みやび

天才児たくくん登場。とはいっても、ちゃんと教わっているわけではないので、負けることも多いね。将棋の大会っていろいろあるんだなぁ。不思議に思ったのは、将棋って、終わった後もみんな穏やかなんだね。ワイワイともう一度指したりして。悔しいからって、卑屈な態度をとる人はいないのかな。宝と涼くん、いいコンビだなぁ。

2014/03/23

ぐうぐう

将棋をする子供達は勝ち負けにこだわる。強くなるために。でも南Q太は、勝ち負けにこだわらずに『ひらけ駒!』を描いている。将棋に打ち込む子供達の心情に寄り添い、将棋に惹かれていく過程を優しく見守るのだ。「いいのよ 結果なんて 本当は どうでも 将棋と出会って 幸せだよ あの子たちは」「ほんと そう思うよ」

2012/04/02

ちびのすけ@灯れ松明の火

相変わらず宝が可愛い!将棋に一生懸命だけど、天才ではないし地道に努力してるとこが微笑ましい。漢字の宿題で分からない字を宝ママが将棋関係のヒントを出すとこナイスですね〜(*^_^*)悔しくて泣いちゃう所や、勇んで牛丼屋さんに入ったもののビビって出てきてしまうところがほのぼのしていいです。水嶋先生の過去が気になる…

2012/04/14

けんぼう

こどものうちから 世の理不尽と闘い(階級 無差別)、でも 仲間がいて(団体戦) 親も 協力(母も はまってる) 宝が まっすぐに育ってるのがいい

2012/03/25

感想・レビューをもっと見る