読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ブレット・ザ・ウィザード(4) <完> (アフタヌーンKC)

ブレット・ザ・ウィザード(4) <完> (アフタヌーンKC)

ブレット・ザ・ウィザード(4) <完> (アフタヌーンKC)

作家
園田健一
出版社
講談社
発売日
2013-02-22
ISBN
9784063878714
amazonで購入する Kindle版を購入する

ブレット・ザ・ウィザード(4) <完> (アフタヌーンKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

雲骸鏡

この完で完結、残念、銃と魔法と車と美女(幼女含む)作者さまの趣味てんこ盛りでした。好きだったのになぁ本当に残念

2013/03/03

ゐわむら2なつき

なんで4巻で終わってしまうんだー!毎回アンケート入れてたのに残念でならない。この時代のアメリカの活劇大好きなんだよなぁ。またこういうテイストで描いてくれないかな〜。

2013/02/26

JACK

◎ 舞台は1960年代アメリカ。銃身の内側に呪文を刻み、弾丸に魔力を与えることが出来る魔法銃を巡る銃と魔法の物語。呪いをかけられ、石になった恋人スザンヌを救うためギャングと抗争を繰り広げてきたマジシャンのブレット。多くの敵を倒し、新たな魔法銃を手に入れた彼の前に、諸悪の根源であるフィッツジェラルドが現れる。ブレットは恋人を救うことが出来るのか。ついに完結。もう少し読みたかった。打ち切りっぽい終わり方が残念。

2013/02/22

YS-56

まさか物語まで加速してしまうとは…。まだ楽しめたのになぁ。

2013/02/25

tamanya7

話としてはきれいにまとめたけれど、もうちょっとゆっくり読みたかったな…。最後はマジシャンとして面目躍如なところと、最後のコマがよろし。

2013/02/25

感想・レビューをもっと見る