読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

セケンノハテマデ(2) (モーニング KC)

セケンノハテマデ(2) (モーニング KC)

セケンノハテマデ(2) (モーニング KC)

作家
サライネス
出版社
講談社
発売日
2014-11-21
ISBN
9784063883978
amazonで購入する Kindle版を購入する

セケンノハテマデ(2) (モーニング KC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yoshida

サライネス安定のゆるゆる感。猫、野球、素敵なお姉さん。ロックがデザイン事務所になれば「誰も寝てはならぬ」ですね。これから、どんどん素敵なお姉さんが出ることを希望。「大阪豆ゴハン」の松林が登場。口は菱形。やっぱり音楽関係の仕事をしてたのね。次巻が出るのを楽しみにして、ゆっくり待つ。

2014/12/06

いっちゃんず

このサライネスさん独特のユルユル感。マンネリなのかもしれないが、それも含めて読んでいて楽しい。そして、前々作(かなり昔)のひし形の口をしたあの方登場にビックリ。う~ん、こうなっていたことにするか。懐かしい。

2014/11/26

oldman獺祭魚翁

1巻に続いて何となくダラダラと読んでみたらおしまいの方に………デタ~松林 懐かしい「豆ごはん」のアホぼんです。ちょっと3巻が楽しみです(^_^)

2016/02/21

そのじつ

M27ダメの系図、キヨミンとの高校時代エピソード。ううっ偏差値の高い高木も所詮、人の子…いや男よのう…というお話。サラさんの恋バナ好きやわ。M46馴染む気ないよね、サノリオ嬢登場。キャー、高木、手の上で転がされてるw。M48アノ人登場(笑)、アノ人だ!w 一巻より少し音楽やってる人っぽいエピソードが増えました。恋愛(?)モードも上昇中でますます楽しみ。

2020/04/11

くさてる

相変わらずのユルい感じで楽しく読めるサライネス。今巻はやっぱりあのひとの登場で盛り上がっちゃいました。しかし、美奈姉はまだあの家にいるのですか…?なんでもない話のようでいて、そこかしこにセケンの厳しさ、思うようにならないところもさりげなく描いてあって、そこがまたいいなーと思った最新刊でした。とにかく、いつまでも読んでいたい世界です。

2015/01/24

感想・レビューをもっと見る