読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

別式(1) (モーニング KC)

別式(1) (モーニング KC)

別式(1) (モーニング KC)

作家
TAGRO
出版社
講談社
発売日
2016-12-22
ISBN
9784063886788
amazonで購入する Kindle版を購入する

別式(1) (モーニング KC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

眠る山猫屋

可愛らしい絵柄に騙されてはいけない。骨太な物語だ(たぶん)。冒頭で結末の序章が描かれているが、一巻で物語られる日常は緩くあたたかい。 女流剣士が実在してたなんて、トラシショウさんのアプローチ見るまで知らなかった。確かに剣客商売とかには登場していたが、実在していたとは。とは云え海上コミケとか楽しいイベントには騙されませんよ?いや、誰も信じないか(笑) 早和のエピソードなど次第に重たく眼を逸らせない展開になっていくが、これは引き込まれていく物語だ。

2020/07/25

トラシショウ。

積読消化。寛永14年、江戸。女流武芸者の総称「別式」の一人であり、剣術の跡取りとして婿探しに血道を上げる佐々木類。「自分より弱い男は婿に出来ぬ(ただしイケメンに限る)」と言うポリシーのもと、同じ別式である早和、魁、渡世人の切鵺を交えた、女子会に合コン、コミケや軟派(物理)に明け暮れる愉快な婿探しを描く「大江戸サムライガールズコメディ」(公式)。コメディ、と言いつつゲスな野郎どもを平気で斬り殺したりする要素も在り、しかも一話冒頭を見る限り相当にシリアスな要素も含む、何とも奇妙な読み応え(以下コメ欄に余談)。

2017/01/24

kenitirokikuti

作者TARGRO氏のツイートから電子版を購入(先日第三巻刊行)。佐々木累は寛永の頃に実在した女剣士。メジャーなところでは池波『剣客商売』の佐々木三冬などのモデル人物である。もっとも本作は『剣客』とは全く別の話である。そういえば、メジャー誌系で非・幕末な武芸物を続けてるのは講談社ぐらいかしら? 本作は女武蔵度が40%ぐらい。二刀もあるよ

2018/06/12

レリナ

シリアスとコメディのバランスが絶妙。女性剣士が活躍するというとても魅力的な内容。もう少し日常よりなのかなと思ったが、全然そんなことはなかった。言葉にも重みがあるし、とても読み応えがあった。しっかり江戸時代ということを踏まえ、バトルも人が生かされるだけではなく、死ぬ時は死ぬ。メリハリがしっかりしているので、話に魅力が生まれ、後味のいい読後感に溢れる。次巻ではどんな展開が待っているのか、楽しみ。次巻に期待。

2017/01/04

ycm

史実に沿ったシリアスと時代錯誤のコメディが組み合わされていてまさに1粒で2度おいしい作品。絵柄がどストライクな作品でもありました。冒頭のシーンはいつ出てくるのか?切鵺はどうしてああなったのか今後の展開に期待。

2016/12/23

感想・レビューをもっと見る