読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あひるの空 振り向かない君と、太陽を追う矛盾(47) (講談社コミックス)

あひるの空 振り向かない君と、太陽を追う矛盾(47) (講談社コミックス)

あひるの空 振り向かない君と、太陽を追う矛盾(47) (講談社コミックス)

作家
日向武史
出版社
講談社
発売日
2017-03-17
ISBN
9784063959260
amazonで購入する Kindle版を購入する

あひるの空 振り向かない君と、太陽を追う矛盾(47) (講談社コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みやこ

積み重ねてきたクズ高メンバーの努力が実り、花開いていく。ひ弱さの感じられない茂吉。相手に合わせられる行太。戦力として機能する鍋島。ここまで読み続けてきたからこそ実感できる彼らの成長に、こみあげる思いがある。だけど、忘れてはいけない。彼らがそこにいたせいで、バスケを諦めた人間もいることを。空が頑張ったから今の彼らがある。ここで初期のあのシーンをぶっこんできた作者は凄いと思う。だからこそ、百春のプレーに重みが増す。「すべては、応えるために」その言葉が生きる。「ただ、信じてください」千秋の言葉を胸に、次巻へ。→

2017/04/25

wata

めっちゃ頑張ってる…(T_T)それにしても、怪我が多い種目だとは思うけど、小学生の頃から手術とは…好きじゃないと続かない。

2017/05/07

exsoy

打ち合わせ無しで跳ね上がるようなパスを当然のように放り込める連携の良さときたら。

2017/03/25

くりり

クズ高の集大成か?未知の領域、あり得ない連携、このコートの上に空君以上のシューターはいない!

2017/04/30

らったった

47巻とは随分積み重なってきましたね(^^) 50巻が間近に迫ってきました。楽しみですね(*^^*)

2017/03/22

感想・レビューをもっと見る