読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大江健三郎全小説 第5巻 (大江健三郎 全小説)

大江健三郎全小説 第5巻 (大江健三郎 全小説)

大江健三郎全小説 第5巻 (大江健三郎 全小説)

作家
大江健三郎
出版社
講談社
発売日
2018-10-12
ISBN
9784065090039
amazonで購入する Kindle版を購入する

大江健三郎全小説 第5巻 (大江健三郎 全小説) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ブルーツ・リー

大江健三郎の、初期の「私小説」とも呼ばれる作品集。 それまでの私小説が、自分の事を滑稽に、笑いものにするようなものが多かった中で、知性的な物語による、フィクションもだいぶ混じる、新しい私小説の形を作り上げた時期の作品が並ぶ。 小説を書く時に、露悪的に書く事は割合簡単なのだが、露悪的どこか、作者自身が「悪」そのものだと捉えられかねない描写は、本当に勇気の要る事だし、小説に対して、よっぽどの覚悟が無いとできない事。 私小説で、嬰児殺しを考えていたと勘違いされてもおかしくない内容を書くのは、よっぽどの事である。

2021/08/16

Taku Kawaguchi

やはり読むとへとへてとになる。 自分の子供の話ばかりなんだなあ。

2020/10/09

Taku Kawaguchi

やはり読むとへとへてとになる。 自分の子供の話ばかりなんだなあ。

2020/10/09

Taku Kawaguchi

やはり読むとへとへてとになる。 自分の子供の話ばかりなんだなあ。

2020/10/09

Taku Kawaguchi

やはり読むとへとへてとになる。 自分の子供の話ばかりなんだなあ。

2020/10/09

感想・レビューをもっと見る