読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ORIGIN(3) (ヤンマガKCスペシャル)

ORIGIN(3) (ヤンマガKCスペシャル)

ORIGIN(3) (ヤンマガKCスペシャル)

作家
Boichi
出版社
講談社
発売日
2017-08-04
ISBN
9784065100752
amazonで購入する Kindle版を購入する

ORIGIN(3) (ヤンマガKCスペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

トラシショウ。

積読消化。自身の躯体のバージョンアップの為に受けた裏取引での交渉先の男の暴走と、その娘の駆る大型軍事ロボットとの戦いの顛末から、それぞれの「強化」を模索するオリジンを含めた3体のロボット達の内実を経て、人工知能の技術を巡り再び京都の研究施設での波乱と激突を予感させる出張の開始まで。「ちゃんと生きる」為に敵も味方もその命を救わんとする軍事ロボットとの東京港での死力を尽くした激闘と、身の上相談から転じてうっかり広瀬ちゃんを守る命令を至上命令として入力しちゃうくだりの温度差がスゴいな(笑)(以下コメ欄に余談)。

2017/10/13

サケ太

父の想いを受け継ぎギリギリで生きていくオリジン。作画の美麗さは変わらず。登場人物も徐々に増えてきて楽しい。オリジンの本領がどこまでなのか非常に気になる。

2018/10/31

紫雲寺 篝

軍事ロボットが動き出す。オリジンは、人間が死なないよう、被害が最小で済むよう、最善を尽くそうとするが……!?シリアスなバトルや人間ドラマが披露される中、たまにあるギャグもこの漫画の魅力。てか終盤の人生の目標のくだりで爆笑してしまった。今まで散々シリアスに悩んで、あれはこういう意味でもあったのかも知れない、と言ってたのが余計に響いた。本編自体もアクション多いしとても楽しいけど。それにしても、上手いは上手いにしても、この人表紙の絵で損してるんじゃないかなぁ。表紙から受けるイメージと中身が大分違う。良い意味で。

2017/08/11

ネロ

こんなに感情の起伏のない主人公なのに、こんなに心揺さぶられるなんて…!しょうがない、のセリフがずるい!

2017/09/30

john

自分に何ができるかを冷静に計算しつつ、行動を決める。自分自身のメンテナンスにかかる金額を計算し、そのために働く。バッテリーの持ちや部品を自分で手当てする。こんなAIが出てくる物語って初めてではないか?AI恐るべし、である。

2017/08/21

感想・レビューをもっと見る