読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

カラマーゾフの兄弟 (まんが学術文庫)

カラマーゾフの兄弟 (まんが学術文庫)

カラマーゾフの兄弟 (まんが学術文庫)

作家
ドストエフスキー
岩下 博美
出版社
講談社
発売日
2018-06-10
ISBN
9784065111758
amazonで購入する Kindle版を購入する

カラマーゾフの兄弟 (まんが学術文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ころこ

目黒で子供が殺される痛ましい事件がありました。本作でも、何度か子供が登場しますが、どの子供も幸福ではありません。前半の食事をする次男イワンと三男アリョーシャによる会話に注目してみて下さい。そこでは、子供の虐待、虐殺が行なわれた後、世界の最後に神の国が現れ、死せる者は復活し、生ける者と共に永遠の生命を授かる。すべての罪が許され、人類は互いに手を取り合って「主よ、あなたは正しい」とその調和の世界をほめたたえる。だが、その時、「その子はどんな顔をすればいいんだ?」その結果は、ゾシマ長老の遺体に示されています。

2018/06/11

Twakiz

歴史的大作,マンガでつまみ食い.さて,原作本物にとりかかってよいものか?

2019/06/29

イノマン

漫画版でも感動してしまうパワーがある作品ですね。次は読みやすい亀山訳の光文社古典新訳に挑戦かな。 同じ漫画シリーズの『罪と罰』『異邦人』も気になりました。

2019/04/01

Sora

ホフラコーワ夫人とその娘のリーザは扱いが難しいのか出てきません。それから、ゾシマ長老亡き後のアリョーシャとグルーシェニカの会話が省略され、グルーシェニカの良いエピソードが少なくなっています。また、ゾシマ長老の説教と兄マルケルの話も省略されており、残念です。しかし、とにかく話が長いのでいくつかのエピソードが省略されたり変更されるのは仕方ないことなのかもしれません。 この本の良いところは、上手く話がまとまっているのでストーリーがわかりやすくなっており、読みやすくなっているところです。

2019/01/21

ヨシ

まったく異なる三兄弟、それぞれの理論。イワンがよかったかな。漫画でわかりやすく、面白く読了。

2018/08/17

感想・レビューをもっと見る