読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

弱さをさらけだす勇気

弱さをさらけだす勇気

弱さをさらけだす勇気

作家
松岡修造
出版社
講談社
発売日
2018-06-27
ISBN
9784065115619
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

「才能はなかった」と振り返り、度重なるケガに襲われた現役時代。また、スポーツキャスターとして一流選手等への取材で知った「弱さ」や「失敗」を飛躍のチャンスに変える「自分の使い方」。 選手たちは光り輝いて見えるかもしれません。しかし、みんな苦しんでいます。葛藤しています。大事なのは弱さから「逃げない」こと。 自らの居場所で、いまの自分を超えようと挑戦を続けるすべての人にエールを送る、魂の1冊です。

「弱さをさらけだす勇気」のおすすめレビュー

「松岡修造は間違いなく“弱い男”だ」――本人が語る“根性論ではない頑張り方”とは

『弱さをさらけだす勇気』(松岡修造/講談社)

「松岡修造は間違いなく“弱い男”だ」。こう聞いて皆さんはどう思うだろうか? 「そんなはずはない」という声が聞こえてきそうだ。彼は「弱い」どころか、熱すぎる。日本を強烈に照らす太陽のようなイメージがある。彼のどこが「弱い」のだろう? 実は、松岡修造さんが「弱い」と認めたのは紛れもなく本人である。

『弱さをさらけだす勇気』(松岡修造/講談社)は、誰もが持つ「弱さ」を認め、それを生かしてチャレンジする方法を教えてくれる一冊だ。

■「弱さ」とは人生をひらく「きっかけ」のことである  では、松岡修造はどのように弱いのか? 彼は自身でこう語る。「(強いイメージがあるが)むしろ人と比べるとかなり弱い人間で、ものごとをマイナスにとらえるところがあるんです」「試合で自分が不利になると、“もうダメ”とあっさりあきらめてしまうこともありました」。

 しかし彼は同時に、「弱さ」とは人生をひらく「きっかけ」のことであると語る。彼は8歳でテニスを始める前に、2歳から水泳をやっていた。あるとき、水泳に「面白さ」より「つらさ」を感じるこ…

2018/7/12

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る