読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

藤城清治 影絵の絵本 アンデルセン

藤城清治 影絵の絵本 アンデルセン

藤城清治 影絵の絵本 アンデルセン

作家
藤城清治
出版社
講談社
発売日
2018-11-01
ISBN
9784065117453
amazonで購入する

ジャンル

藤城清治 影絵の絵本 アンデルセン / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

tulip

図書館から。アンデルセンのお話5つを藤城清治さんの素晴らしい影絵とともに読む。愛らしいハツカネズミの結婚式、月光が射し込む部屋で花々がピアノの前で踊っていたり、美しく飾られたもみの木のクリスマスツリーの絵など、ずっと眺めていたい。

2020/10/15

けんとまん1007

アンデルセンのお話を、そんなに知っているわけではない。それでも、知らないお話ばかり5話。寓話性に富んでいるお話のうえに、藤城さんの影絵が何倍も魅力を増している。というか、藤城さんの影絵を見ているだけでも、十分、こころが満たされる。随分前だが、影絵の森美術館へ行った時の感動を想い出した。

2021/11/23

kanata

かなしいお話に、うつくしい藤城清治の影絵の絵本。裏書に“暮らしの手帖に掲載されたものを一部改稿”とある。影絵+CGなのだろうが、カラフルなのに哀愁のある画面に驚き尽くし。どの話も小さきものたちの目線で語られる。花と鳥の互いに思いやる関係性を描いた「ひなぎく」、からだが不自由な息子がみせた勇気「ハンスのもらった鳥かご」、傘をもった不思議なおじさん「眠りの小人のオーレおじさん」、枯れた花を埋葬する少女「小さいイーダの花」、森の世代交代とクリスマスの夜のもみの木の輝き「小さなもみの木」を収録。

2019/03/10

tellme

アンデルセンのお話5編。どれもとにかく美しい。お花やクリスマスツリーのキラキラした姿は圧巻!子供の顔も好き。実際に見てみたいなぁ。これからも素敵な作品を生み出して欲しい!

2019/01/17

海(カイ)

【サイン会にて購入】確かMOEのロングインタビューで、藤城清治氏の原点はアンデルセンだと話されていたので、この本を選びサインをして頂きました。『ひなぎく』『ハンスのもらった鳥かご』『眠りの小人のオーレおじさん』『小さいイーダの花』『小さなもみの木』の5話を収録。本当に藤城氏の影絵は綺麗だな。

2018/12/22

感想・レビューをもっと見る