読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

会長 島耕作(10) (モーニング KC)

会長 島耕作(10) (モーニング KC)

会長 島耕作(10) (モーニング KC)

作家
弘兼憲史
出版社
講談社
発売日
2018-07-23
ISBN
9784065117637
amazonで購入する Kindle版を購入する

「会長 島耕作(10) (モーニング KC)」のおすすめレビュー

なぜ島耕作一は出世できるのか?「7つの能力」を分析してみた。

 叩き上げで、日本を代表する大企業のトップに上り詰めた島耕作。“スーパーサラリーマン”として、世界を股にかけて数々の功績を残してきた彼だが、その裏にはいったいどのような能力、人々との出会いがあったのだろうか。

その1.最強のプラス志向

『部長 島耕作』「STEP143」

 島の原動力は「プラス志向」だ。これは学生時代から島の長所であり、何事も成長の糧になる経験だと捉え、絶対に腐らず、へこたれない。京都の工場や福岡の販売センターに左遷されたときも前向きに仕事をして周囲の信頼を得ていったし、貿易会社やレコード会社に出向したときも、すぐに気持ちを切り替えて成果を出していった。

 

その2.やわらか頭

『係長 島耕作』「STEP44」

 主任時代の島は、出世に興味がなく、自由気ままに仕事をしたいと考えていた。しかし、様々な男を見てきたバーのママから「段取り・コメント・いいとこ取り」が出世する男の条件だとレクチャーされ、島はこの3つができているとお墨付きをもらう。さらにママは島の「やわらか頭」を評価し、将来の出世を予言した。

 

その3.決断と行動

『部…

2018/7/16

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「会長 島耕作(10) (モーニング KC)」の関連記事

『騎士団長 島耕作』連載決定に話題騒然! ファンの間では様々な憶測が…!?「やっぱりその世界でも出世してるのかな」

『会長 島耕作』10巻(弘兼憲史/講談社)

 2019年3月28日(木)発売の『月刊コミックZERO-SUM』5月号から、『島耕作』シリーズの最新作『騎士団長 島耕作』の連載がスタート。「もう何でもありじゃないか!」「大喜利みたいになってきた」とネット上でかなりの話題になっている。

 弘兼憲史が手がける『島耕作』シリーズは、主人公の島耕作が大手電器メーカー「初芝電器産業」のサラリーマンとして順調にキャリアを重ねていく物語。シリーズは会長までの役職だけでなく、『ヤング 島耕作』『学生 島耕作』などの派生作品も多数。2017年には『モーニング』創刊35周年企画として、島が殺人事件に巻き込まれる『島耕作の事件簿』も登場した。

 新シリーズ『騎士団長』の告知が掲載されたのは、1月28日(月)発売の『ZERO-SUM』3月号でのこと。これまでのシリーズとは世界観の全く異なる肩書きとあって、ファンの間では「タイムスリップなのか異世界転生モノなのか」「なんかものすごい美女が出てきそう」「やっぱりその世界でもただの騎士から出世してるのかな」と様々な憶測が飛び交うこと…

2019/2/7

全文を読む

モテたい? ならばヒントはお仕事系マンガにある。やたらとモテる会社員が主人公のおすすめマンガまとめ

■バリバリ働くモテ男の代表格『島耕作』の女性遍歴と5つのモテポイントは?

『会長 島耕作(10)』(弘兼憲史/講談社)

 働く人物が主人公のマンガを挙げたら必ず候補に入ってくるであろうほど誰もが知っている人気シリーズ『島耕作』。主人公の島は企業人として活躍すると同時に、大人の男女関係を描いてきたこともまた人気の理由だろう。さまざまな女性のハートを射止めてきた、モテ男・島の魅力とは何だろうか?

 名うてのプレイボーイのように思われている島だが、意外にも自分から女性を口説いたりすることはない。プロポーズですらも請われてするほどの「受け身」。ただし、女性から連絡があるとどんなに仕事が忙しくても必ず会いに行く。その際は余裕の表情であることがポイントだ。

【残り4つのモテポイントを読む】

■働く女子は、仕事を捨てて恋愛に走ることができる?『サプリ』のミナミが選んだのは…

『サプリ(1)』(おかざき真里/祥伝社)

 2003年から09年まで連載され、月9ドラマ化もされたおかざき真里の『サプリ』。流麗な画風とリアリティに満ちた心理表現には、今もファンが多いマンガだ。

2018/11/23

全文を読む

関連記事をもっと見る

会長 島耕作(10) (モーニング KC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

経済界でも大きなポストを任せられるようになった島耕作。ゆえに、政界との関係も無視できなくなる。政界と言えば、弘兼憲史は1990年代に『加治隆介の議』で政治を描いている。今巻で総理と島が会食する場面にチラリと顔を出す加治一明は、加治隆介の息子である。総裁選における駆け引きが激しくなる中、現総理がスキャンダルに見舞われるが、そのスキャンダルが香典にまつわる公職選挙法というのが、なんとも地味だ。しかしリアルではある。島の肩書きが重くなるほど、このシリーズもファンタジーではいられなくなってきている、ということだ。

2018/07/28

にゃむこ@読メ9年生

島耕作のバイタリティはどこまで持続するのか。経済界の主要ポストに就くと、それだけ政界ともパイプを持たざるを得なくなるのね。悲しいかな、おじいちゃん的な年齢になってきているから、若い頃のようなドラスティックさは望めないかな。

2018/10/25

朱朱

じーちゃんになっても相変わらずモテモテ島耕作。でも露骨に不細工に書かれてるキャラはシマコーが悪者にならなくても相手が勝手に別の男に押し付けられる。若き日にシマコーを愛してたホモ達や、犯罪傾向にある女、隠し子は全員不慮の事故で死んだ。こわいよ島さん…。中川翔子に頼み込まれてしょこたんモデルにした秘書キャラにはさすがに手を出さない。あとはマグロ食ったり総理と料亭で会食したり、生ハム食ったり。そんな漫画。

2018/11/17

ニッキー

島耕作は、歳をとりました。 洋上風力発電 近大マグロ 五島列島の教会 総裁選 いつも時代を先取りしていますね。

2018/07/24

shonborism

シマコーも今年で71歳。今回は養殖マグロと民自党総裁選の巻。

2018/07/25

感想・レビューをもっと見る