読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大江健三郎 柄谷行人 全対話 世界と日本と日本人

大江健三郎 柄谷行人 全対話 世界と日本と日本人

大江健三郎 柄谷行人 全対話 世界と日本と日本人

作家
大江健三郎
柄谷行人
出版社
講談社
発売日
2018-07-01
ISBN
9784065118627
amazonで購入する Kindle版を購入する

大江健三郎 柄谷行人 全対話 世界と日本と日本人 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みあ

現代日本を代表する知の巨人2人の対談。20年以上前の対談だが今読んでも少しも古びていない。むしろ現代を予言しているような部分もある。とりあえず読む量も凄いが質の方も凄い。ただ、柄谷氏は少し気負っている感じがしてところどころ違和感を感じた。大江氏の言葉の方が豊潤で私の頭の中にすっと入ってきた。この対談で語られている日本(あるいは世界)の危機は少しも解消されておらず、より大きくなっている。文学の話になると、カズオ・イシグロや水村美苗が評価されていて驚いた。この時代はW村上の時代だがあまり好きでないようだった。

2018/10/05

踊る猫

柄谷行人の言葉に反して、二十年前に語られた言葉なのでそれほどアクチュアリティがあるかどうかと考えると疑問を感じざるを得ない。だが、知性と知性のぶつかり合う様はスリリング。今まで古臭いと敬遠して来た中野重治を読みたくさせられたし、お二方の仕事にも(特に柄谷にも)興味が湧いて来た。一番面白かったのは曖昧さを巡るやり取り。曖昧さを英語でどう訳すか……それはそのまま日本語の「曖昧」という言葉の揺らぎを考察することで、日本語そのものを揺さぶることにも繋がるのだろう。願わくば今の時点での対話を少しでも収めて欲しかった

2018/09/15

naoudo

日本語で書きながら、世界言語でもあり得るような表現を日本人がしていくことを僕は心から望んでいます。日本語で書いて、ある日、その原稿を持って亡命して、アメリカに行って出版しても、貧しい生活が送れるような、しかも、それが亡命できない幾多の日本人の表現でもあるようなものをやってもらいたい。誰も読まないからごまかしがきくなどということを、夢にも思ってはいけないと思う。ここだけの話だがという言い方はできないと思う。誰かが必ず見ていると思うんです。実際に見ている人自体が問題ではない。サルトルがいう他者の眼差しがある。

2019/03/08

テイネハイランド

図書館本。大江健三郎氏と柄谷行人氏による3つの対談「中野重治のエチカ」「戦後の文学の認識と方法」「世界と日本と日本人」が収録されていますが、どの対談も難解な箇所が多く断片的にしか理解できませんでした。その中で面白かったのは、柄谷氏による、哲学者カントに関する引用の部分で、彼の著作を媒介にしてドイツの哲学者の著作に触れるのも一つの手かなとちょっと思ってしまうような紹介の仕方でした。柄谷氏の著作については未読なので、今後機会があれば読んでみようと思います。

2018/09/04

Z

世界に誇る日本の小説家と批評家との対談。レベルが高い。中野重治をめぐって、戦後文学を巡って、世界と日本についての対談。大江健三郎が柄谷行人にひけを取らずに対話できていたのが驚いた。かなりの勉強家。こんな風に物事や小説を捉えればいいのかという見本だった。

2018/11/15

感想・レビューをもっと見る