読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

その「おこだわり」、俺にもくれよ!!(5) (ワイドKC)

その「おこだわり」、俺にもくれよ!!(5) (ワイドKC)

その「おこだわり」、俺にもくれよ!!(5) (ワイドKC)

作家
清野とおる
出版社
講談社
発売日
2018-07-23
ISBN
9784065118917
amazonで購入する Kindle版を購入する

その「おこだわり」、俺にもくれよ!!(5) (ワイドKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

縞子

えーっ!!最終巻?!今回も濃い内容でした。漬けはやってみたいな。

2019/01/07

あーびん

おこだわりシリーズ最終巻。ここに出てくる人たちのおこだわりの数々に圧倒され、特にこだわりのない自分がつまらない人間に思えてくる。でも自分では気づかないだけで意外とあるのかもしれない(笑)おこだわり人のその後やこの漫画が縁で結婚された方たちなど幸せそうで何より。

2018/10/04

ジロリン

”まぐろの漬け”は以前から「そうじゃないかなぁ」と思っていたので早速に実行♪いまいち”漬け加減”が足りないせいかマンガで言われるほど劇的な変化は味わえていません…オレもまだまだだなw あと面白かったのは「極限まで軽さを追求する男」。久しぶりに「そこまでやっちゃうかw」というおこだわり振りが凄いwあと前々から疑問に思ってて導入を躊躇してた”お財布ケータイ”も、やはり思ってたとおりの欠点(ケータイの充電がゼロになってたら機能しない)が明白になってスッキリした。ありがとう清野クン…なのだが、これが最終巻。

2018/07/30

gelatin

★★★★ 最終巻だからなのか、なんか神がかった表紙です。でも特にこれまでと何か違うわけではない。食べ物にまつわるおこだわりが多い中、今巻の「軽さ」にはシビれました。悪夢も良かったな。やってみようかな。終わりかたもセオリー通りで、あらためて清野とおるの売りってなんだろう?と考えてしまう。今後が楽しみなような心配なような。

2018/08/31

でもって、こちらも店じまい。赤羽で誰もが触れられないような怪人との遭遇記を上梓したのが受けたけど、怪人の在庫が尽きたのか、接触に疲れたのか、前者かなあ、ほどほどにヘンな人で捌いたのがこれとゴハン(読んでないけどスナックもそうなのか?)ということだろう。ボケがマイルドな分、ツッコむ表情に意を凝らしてきたけれど、限界が来たのだろう。まるで昨今の芸人のような繁盛記だ。コミュ力だけでTVバラエティを回すようなのじゃなくて、新たなネタで勝負できるよう、充電して欲しいけれど、大抵のギャグ漫画家を見ると・・

2018/09/04

感想・レビューをもっと見る