読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ベアゲルター(4) (シリウスKC)

ベアゲルター(4) (シリウスKC)

ベアゲルター(4) (シリウスKC)

作家
沙村広明
出版社
講談社
発売日
2018-07-23
ISBN
9784065119495
amazonで購入する Kindle版を購入する

ベアゲルター(4) (シリウスKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

眠る山猫屋

一年ぶりも嬉しい新刊。表紙が拷問少女キルソリちゃん。すっかり大物ヤクザの不二さんを従えてます。今回は忍さんたちが少し隠れて、物語の全体を俯瞰する感じ。売春島の裏側での人身売買(人体売買か?)を巡る怒りと恨みと欲望の大渦。まさかのインテリ風ヤクザの東さんが魅せる魅せる!カポエィラ使いだったとは!そして過去の因縁が絡み合うなぁ。人魚の正体、睫毛ちゃん・・・素直に手を繋ぐには、離れ過ぎたのか。さぁ、一年待とう!

2018/08/21

アナクマ

感想などを記す必要性はほとんど感じず、ただ流れに乗って目を楽しませ、「あ〜、面白かった」と巻を閉じる。別にツジツマとかそういうのはどうでもいいんす。

2018/09/25

長野秀一郎

面白い!メインヒロインの1人、睫毛(ジェマオ)の生い立ちとそれを源とする考え方がわかり、3人のヒロインの関係性が見えてきた。だがそれにも増してあの人の正体に驚きだよ!序盤のカンフー対カポエイラ戦はアツいけど、カンフーとカポエイラで明らかに描写が異なる。カンフーなら一コマで流線を使って動きを見せるところ、カポエイラは蹴り技ひとつに4コマとは。異種格闘技を描写レベルで変えるとは驚くしかない。そして素顔のカポエイラ使い、お前誰だよwwイケメンすぎませんかねぇ。紙幅が尽きそうなのでとりあえず評価だけ。4+だ!

2018/09/30

S 2

ちょいちょい出てきてた人魚ちゃんの過去がついに明らかに…登場人物の中で1,2を争うくらいにハードモードでした…あれ?でも時間の経過を考えると人魚ちゃんはどう考えても30歳は超えてる?ヒルマイナ社の力で歳を取らない系なのでしょうか?

2018/12/10

うめ

沙村せんせの描く強い女が最高に好き。あと海燕は相変わらずカッコいい。

2019/01/20

感想・レビューをもっと見る