読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

波よ聞いてくれ(5) (アフタヌーンKC)

波よ聞いてくれ(5) (アフタヌーンKC)

波よ聞いてくれ(5) (アフタヌーンKC)

作家
沙村広明
出版社
講談社
発売日
2018-07-23
ISBN
9784065119839
amazonで購入する Kindle版を購入する

「波よ聞いてくれ(5) (アフタヌーンKC)」の関連記事

「やっぱミナレさん最高だわ!」逆境をはねのけ成長した雄姿に視聴者も大興奮/アニメ「波よ聞いてくれ」第12話

『波よ聞いてくれ』7巻(沙村広明/講談社)

 2020年6月19日(金)に放送されたアニメ「波よ聞いてくれ」。最終回となる第12話ではミナレが大胆な野望を打ち出し、視聴者から「やっぱミナレさん最高だわ!」と大きな反響が巻き起こっている。  これまで藻岩山ラジオ局のチーフディレクター・麻藤たちのペースに飲まれっ放しだったミナレ。今回のラジオ放送も台本はなく、リスナーから寄せられた企画案をミナレがひたすら読み上げていくという内容だった。緊張しつつも本番に望んだミナレだが、直後に北海道で大地震が発生してしまう。  道内の広範囲で停電が発生したものの、藻岩山ラジオ局は自家発電で放送が維持できる。プロのパーソナリティではないミナレは「このまま私が続けていいの?」と不安を口にする一方で、麻藤は「いつまで素人ヅラしてんだ」とメモ書きを突きつけるほど強気だ。負けん気に火がついた彼女は、いつもの明るいトーンでリスナーから届く情報を次々に読み上げていく。  無事に放送を終えたミナレは腹をくくり、「これからは私が麻藤さんたちを巻き込んでやる。否… 札幌を、否… 北海道…

2020/6/26

全文を読む

「そのまんますぎる名前でワロタ」生まれ変わった鼓田ミナレにツッコミ続出!?/アニメ「波よ聞いてくれ」第11話

『波よ聞いてくれ』7巻(沙村広明/講談社)

 2020年6月12日(金)に放送されたアニメ「波よ聞いてくれ」第11話。主人公・鼓田ミナレが“新たな自分”に覚醒したものの、「そのまんますぎる名前でワロタ」とツッコミが相次いだ。  今回のエピソードで「藻岩山ラジオ局」の面々は、ミナレの元カレ・光雄を殺して埋めることをテーマとした刺激的なラジオドラマに挑戦。物語は“生まれ変わり”に主題が置かれているが、ミナレに手渡された台本のセリフは多くが“アドリブ”となっていた。  それでもミナレは全力で収録に挑み、「私は過去をやり直したいわけでも消し去りたいわけでもない!」と心情を吐露するようなセリフを連発。魂のこもった彼女のシャウトは、耳を傾けたリスナーたちの心も捉えていく。  無事収録を終えたミナレは、ラジオドラマを通して心機一転。本職のスープカレー店に遅れて顔を出した際、「ゴメンちょっと遅れたわ」と素直に謝ったのが何よりの証拠だ。驚きを隠せない従業員・中原忠也に彼女は、「昨日までの私を鼓田ミナレとすると、今日からの私は… 鼓田・ネオ・ミナレ!!」と高らかに宣…

2020/6/19

全文を読む

関連記事をもっと見る

波よ聞いてくれ(5) (アフタヌーンKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くりり

新興宗教団体でまさかの監禁、明かにヤバい感じなのに、のんびりニート生活(笑)、どこまで迷走が続くのか?

2018/10/21

wata

まさかの監禁、宗教団体に拉致られる。それでも何故かこの余裕、どっから来るのか緊張感のなさ(笑)

2018/10/17

buchipanda3

すごい展開。まさに不意を突かれたって感じ。面白すぎる。ミナレさん、普通に馴染んでると思ったら、さらに・・・。今回、絵のドギツさが増してたような。表情の見せ方とか。状況が状況だからか。それとあの伏線。結構前の話だがエピソードが強烈すぎたので全く記憶に残っていて、すぐにピンときた。今にして思えば伏線の埋め込み方が凄かったなと。これから向かう3人組も強力?!なメンバーなので、どういうドタバタwになるか楽しみ。

2018/07/29

るぴん

レンタル。電波を使ったテロを目論む怪しい新興宗教団体。そしてまさかの監禁生活in和寒町。何この展開⁈話が壮大になってきたような、そうでもないような…。どことなく漂うローカル感が笑える。ミナレは相変わらずだけど、久連子もなかなか曲者だな〜。

2018/10/30

HERO-TAKA

前巻の感想で「1巻から貼り続けた伏線が機能してようやくラジオと恋愛部分が上手く絡んできて面白くなってきました」と書きました。しかし、さすがぼくらの沙村先生。そんなの忘れたというぐらいのまさかの超展開。スケールが大きいのか小さいのかわからないけれど、宗教とか軟禁とか兵器とか物騒なお話で、ちょっと粗っぽいところもリアルだったり科学的な要素で説得力をもたせているのに、佐村節とノリがいつものままなのでちっとも怖くない不思議。すごくいいところで終わったので、次巻、おそらく脱出・解決編も楽しみにしています。

2018/07/24

感想・レビューをもっと見る