読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

神に守られた島

神に守られた島

神に守られた島

作家
中脇初枝
出版社
講談社
発売日
2018-07-12
ISBN
9784065122051
amazonで購入する

神に守られた島 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

中脇 初枝は、新作中心に読んでいる作家です。沖永良部島の物語は、初めてです。軍神のインフレの社会は、不幸以外の何物でもありません。安倍総理にも読ませたい佳作です。姉妹作の『神の島のうた』も読んでみたいと思います。

2018/07/26

ちゃちゃ

薩摩半島の南西、沖縄に近い「えらぶ(沖永良部島)」。ラジオも新聞もない、電気も通っていない、この小さく貧しい島にもかつて激しい戦があった。けれど、ヤマトゥ(本土)にはない美しい自然と人を思いやる優しく温かい心がある。空襲や機銃掃射が続く中、最後まで意識のない兄を見捨てず、ウム(芋)を盗む隣人を許す心が。中脇さんの筆遣いが素晴らしい。子どもの目を通した戦争。マチジョーの叶わぬ淡い恋。理不尽な運命。切なくて苦しくて涙が滲む。「ちばりよ牛よ ふぃよーふぃよー」子どもたちの未来に幸あれと祈らずにはいられない。

2018/08/29

なゆ

これもまた、読むべき一冊。太平洋戦争末期、沖縄のすぐ近くの沖永良部島では何があったのか。島の人達の、物資がないどころかラジオも新聞もないため情報もなく、砂糖小屋に避難して暮らす、戦争という日常。ひたひたとアメリカ軍上陸の日が迫る緊迫感も、島の少年マチジョーの視点と島の言葉ののんびりした感じでソフトに感じられる。貧しくてももっと苦しい人を追い詰めたりしない優しさと、泣く子をおぶったカミとマチジョーを防空壕から追い出す冷酷さ。特攻隊の志願の話。白いユリが咲く小さな穏やかな島にも、戦争の理不尽さは容赦なかった。

2019/02/02

美登利

毎年8月が近くなると戦争に関する書物が多く出版される。ご自身が戦争を経験された方はもう少なく両親でさえ戦後生まれの方が多いのかもしれない。中脇さんは私よりも10歳若い。この沖永良部島の戦中戦後を生きている少年の物語は、ライフワークとされている民話昔話の研究から生まれたものなのだろう。その地を知らずともその方言が分かりにくくとも深く心に染み入る物語だった。働き盛りの父親や長男は戦争に取られ、年寄りと女子供ばかりが残った島で多感な少年時代を送る彼の願いが、どうかこれからも続きますように。

2018/08/01

修一郎

戦況激しい沖縄の隣島,沖永良部島に暮らす子供たちの眼から見た戦争が描かれる。米もめったに食べられない貧しい島だけれども,戦争がなければ幸せに暮らしていたに違いない子供たちの日常と,「神」となってしまった特攻兵たちの真の姿が対比的に描かれて見事だ。満州での過酷な運命を生き延びた少女たちを描いた「世界のはての子供たち」にも心揺さぶられた。戦地そのもの以外であったに違いないの戦争の姿をきちんと拾い集めて物語として残してくれる中脇さんの気持ちにも感動した。素晴らしい作品だ。

2018/08/19

感想・レビューをもっと見る