読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

七つの大罪(33) (講談社コミックス)

七つの大罪(33) (講談社コミックス)

七つの大罪(33) (講談社コミックス)

作家
鈴木央
出版社
講談社
発売日
2018-08-17
ISBN
9784065122358
amazonで購入する Kindle版を購入する

七つの大罪(33) (講談社コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

sin

煉獄に友とさすらうバンの描写が物語の軛から解き放たれたようにのびのびとして良い!一方、本編では、何やらややこしい伏線を加味したようで、ある登場人物の意外な正体が明らかにされて…と、またもや新たな強さのインフレを産み出している。

2018/08/22

JACK

◎ 煉獄に囚われたメリオダスの魂を救うために自ら煉獄に突入したバン。現世での1分は煉獄での1年に相当する。そこで千年以上を過ごしたバンは確実に力を付けているのだった。魔神王が登場し、十戒のエスタロッサの秘密が明かされ、メリオダスとバンの友情がより強くなる33巻。果たしてこの聖戦はどの様に決着するのか、気になります。

2018/08/17

よねはら

こうやって楽しく冒険していた時期が遠い過去の話ですよ。以前バンの強化イベントが欲しいなと思っていたのですが、煉獄での冒険がそうだったのですね。不死身の彼ならではのレベリング法ですね、無限コンティニュー。

2018/09/07

ユーリル

久しぶりなバンといつもの団長。このコンビはいいですね。

2018/08/17

こひな

バカ友。悪友。親友。最高です☺️ お揃いの服はそういうことかーw

2018/08/20

感想・レビューをもっと見る