読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ガール・イン・ザ・ダーク 少女のためのゴシック文学館

ガール・イン・ザ・ダーク 少女のためのゴシック文学館

ガール・イン・ザ・ダーク 少女のためのゴシック文学館

作家
高原英理
出版社
講談社
発売日
2018-07-27
ISBN
9784065122662
amazonで購入する

ガール・イン・ザ・ダーク 少女のためのゴシック文学館 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

keroppi

少女のゴシック文学アンソロジー。小説のみならず、短歌、俳句まで。残酷、耽美、可憐。少女の不安定で未完成な心と容姿は、ゴシックに妙に合う。楳図かずおの少女漫画や会田誠の絵にもイメージが飛ぶ。

2019/04/02

かりさ

残酷さと鋭利さを持つ少女とゴシックの耽美な世界…作品全て心惹かれ、標本箱に仕舞っておきたいくらい好きで溢れます。そして愛する二階堂奥歯さん『八本脚の蝶』が此処に存在する尊さに震えます。《少女たちが少女であることの怒りと誇りを、より野蛮な形で語るとき、ゴシックの言葉は始まる。》高原英理さんの「はじめに」からもう素敵で何度も読む。ことさら少女とその中に棲む闇から生まれる、耽美な物語に心惹かれました。常に不穏の中でざわめいていたかつての自分を呼び寄せながら。

2019/12/08

麻衣

聖剣をまだ誰の足跡もない肌に突き立てる。さようなら。かつて私だった鱗。お前は海に還る。かつて私だった蝶。もがれた四肢から蜜持っておいで。血を吐いた時、既に私は少女ではなかった。少女とは選び取られるもので、そういう意味では少女であったことなど一度もなかったのかもしれないけれど。砂糖のような憧れすらずっと砂を噛んでいるようで、ああ私遠いところに来てしまったんだと思い知る。繊細すぎればともに生きてはゆけない/闇が命を脅かすのだから/暗く細々とした財布のような谷あいに今人家の灯は小銭のように光る(嵐が丘)

2021/09/11

ひろ

少女ではないですが、ゴシックの言葉に惹かれて。編者が選び抜いた古今東西の作品たち。冒頭を飾るモーリーン・F・マクヒューの『獣』から、怪しく耽美な世界に引き込まれる。小川洋子、皆川博子、江戸川乱歩、川端康成、夢野久作など、個人的に外れようのないラインナップ。他にも、最果タヒ、二階堂奥歯、松田青子などなど。初めてその作品に触れた作家さんが大半だったが、どれも総じて面白かった。

2019/09/02

柊渚

少女たちが昏い闇の中へひとり、またひとり消えていく。 見る者にどこか不穏な気持ちを抱かせる、可憐で残虐な笑みを浮かべながら…。私たちは瞬きすることも忘れ、ただただそれを見つめている。危うさを秘めた少女たちにまつわるアンソロジー。江戸川乱歩や川端康成、夢野久作作品まで入っているの控えめに言っても最高では…?とくに夢Qの描く女の子はとんでもなく好みなのでうれしや…🥺 小川洋子さんや皆川博子さんの作品も好き。松田青子さんの『ひなちゃん』は、か…かわいいっ〜〜!ってひたすら転げまわってました 笑

2021/08/31

感想・レビューをもっと見る