読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

君の隣に (講談社文庫)

君の隣に (講談社文庫)

君の隣に (講談社文庫)

作家
本多孝好
出版社
講談社
発売日
2018-09-14
ISBN
9784065123409
amazonで購入する Kindle版を購入する

君の隣に (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あも

著者の小説はいつも説明が足りない。これは否定的な意味ではない。複数の人間が重なり、一つの物語を織り成す時、その全てを語り尽くすことは本来できる筈がないのだ。それでも。あの男の、そして彼の心をもっと覗いてみたかった。それ程にリアル。デリヘル"ピーチドロップス"に関わる人々はいつかの横浜にきっといた。大学生の店長、彼の同級生、客の男性…各話に惹き込まれながらも、見えそうで見えない物語の輪郭はいつしかくっきりと目の前に。人が人を縛る一番の魔法は悪意からは産まれない。愛という名の執着で、世界にひとつの、君の隣へ。

2019/01/24

三代目けんこと

読後に、その装丁とタイトルを眺めると、切なさがじんわりと心に迫る…。

2020/10/22

雲隠れひろ吉

「陽の当たらない場所で生きている人たち」こんなフレーズが頭をよぎりました。そして大事な人を守り抜く強い信念を持った人たちのお話でもあります。巡り合わせとは運命なのだけど時には無情で、儚い。レイカさんはそうせざるを得なかったのか…と思ってしまいました。でも『君の隣に』この言葉があって良かったと思いました。

2018/10/19

ジンベエ親分

最初はデリヘルに体験入店した女子大生の話で、そのデリヘルのオーナーが大学生の早瀬であるということ、その身辺に小学生と思しき女の子がいること、くらいしか分からない。次の話は第一話でチラッと名前だけ出てきたデリヘルの客が主人公。そうして話が進むうちに彼らの関係性とその背後の何やらきな臭い事件の気配が見えてくる。その真相はそれはそれで読み進める価値があるものなのだが、枝葉のところで語られるディテールがやたらリアル。人物像がやけに生々しいためか、おとぎ話めいた結末も爽やかな気持ちで受け入れることができた。

2019/12/29

rio

風俗店経営者である女性が姿を消して以来、各店の従業員が行方不明となる事件が相次ぐ寂しさを抱えたミステリー。各話登場人物の視点が変わり、少しずつリンクしてきた後に全体が見えたときの切なさが何とも言い難い余韻を生み出します。物語の舞台は風俗店がメインになりますが、嫌みな感じはなく作者らしい綺麗な文章と意外にマッチしていました。最終章の前にもう1章追加して登場人物を深掘りしてくれるとなお良かったです。

2019/01/07

感想・レビューをもっと見る