読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

寄生獣リバーシ(1) (アフタヌーンKC)

寄生獣リバーシ(1) (アフタヌーンKC)

寄生獣リバーシ(1) (アフタヌーンKC)

作家
岩明均
太田モアレ
出版社
講談社
発売日
2018-08-08
ISBN
9784065124284
amazonで購入する Kindle版を購入する

「寄生獣リバーシ(1) (アフタヌーンKC)」の関連記事

【ひとめ惚れ大賞】 『寄生獣』は読めば読むほど新しい発見があります『寄生獣 リバーシ』太田モアレインタビュー

『寄生獣 リバーシ』(1)

太田モアレ 原作:岩明 均 装丁:Tomonobu Matsuyama 編集:増田大祐 講談社アフタヌーンKC  630円(税別)

岩明先生の傑作「寄生獣」が『アフタヌーン』に連載されていたのは、私が中学生の頃でした。友人から「絶対に読め!」と薦められて読みはじめたところ、見事にハマって。もちろん現在もですが、当時の『アフタヌーン』には面白い作品が他にもたくさんあって、夢中になりましたね。 その『アフタヌーン』でデビューしてマンガ家になった私が、『寄生獣』のアンソロジー『ネオ寄生獣』に参加させてもらったのが2016年。原作のファンとして、嬉しい気持ちはもちろんありましたが、とにかく畏れ多くて……最初は断ろうと思ったほどでしたが、受けさせていただきました。そのときに私が描いた『今夜もEat it』が、嬉しいことにアンケートで上位にランクインしたことをきっかけに、この連載が始まったんです。ちなみにこのアンソロジーに関して、岩明先生はノータッチで。それぞれの作家に自由に描かせてくださったんですよ。 この、凄まじく完成度が高い偉…

2018/10/17

全文を読む

関連記事をもっと見る

寄生獣リバーシ(1) (アフタヌーンKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

グレ

あの映画化もされた傑作『寄生獣』の正式な続編??ば僕の大好きなジョシカク漫画『鉄風』の太田モアレ先生が描くとなれば、これは読むしかないでしょう。相棒が「トチャ」っとなったはぐれ寄生獣襲撃後の深見デカの奢りのジュースがサントリー・はちみつレモンなんてwww しかも少年がチョイスせず結局自分で飲んでるし笑。あれ美味いのになあ。勝手に暴走してオシャカになった聞かん坊「芦田」は「5頭」の、さては「脚」になるのだな!?オリジナルで火矢ば射ち込まれてムズムズしていたアイツか! 主人公の級友の控えめ女子が地味に巨乳◎

2018/08/01

グレ

実写版ば観ながら【②巻を読む前に再読】第2話の「スレドニ・ヴァシュター」はビルマで生まれフランスで戦死した英国人小説家・サキの小説の題名。これを読んでからまた読むと新たな気付きが!?!? 第6話で車に撥ねられボデーが壊れてしもうた«芦田»はのちに……。人の〈記憶〉の鮮度は21日間だそうで。人の噂も21日??最後の第8話で状況は目まぐるしく展開!ぜひとも②巻を読みたくさせる『鉄風』の太田モアレ先生の手腕は流石。まんまと乗せられ即②巻へと。。

2019/02/16

カムイ

寄生獣にも登場してた田宮良子のスピンオフだろうか?絵も原作に似ていて違和感なく入り込める、寄生獣でも提示されていたが人類の生きる価値は他の生物からしたらただの餌であるこれは哲学でもある人類は罪深い生き物である己の危機が迫ると虐殺も厭わない、狩る側と狩られる側そこには食物の確保によって生きていける。

2020/10/11

しましまこ

出たよ、田宮良子だよ!

2018/08/12

JACK

◎ 名作「寄生獣」のアナザーサイドストーリー。高校生のタツキはクラスメイト3名が化け物によって斬殺されるところを目撃してしまう。警察は生きたまま鋭利な刃物で切断されたものと判断するが、その様な切れ味を持つ刃物は想像できずにいた。捜査に執念を燃やす刑事の深見は目撃者のタツキの冷静な態度に違和感を持つのだが…。寄生獣を読んでいればニヤリとさせられる箇所が多いが、読んでいない場合は話が理解できないのではないだろうか。まだ1巻なので評価は難しい。

2018/08/15

感想・レビューをもっと見る