読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

科学者と世界平和 (講談社学術文庫)

科学者と世界平和 (講談社学術文庫)

科学者と世界平和 (講談社学術文庫)

作家
アルバート・アインシュタイン
井上 健
佐藤優
筒井泉
出版社
講談社
発売日
2018-07-12
ISBN
9784065124345
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

世界政府は人類の理想か、あるいは帝国主義の一つのかたちか。米国に亡命したばかりのアインシュタインと旧ソ連の科学者たちの対話「科学者と世界平和」。時空の基本概念から相対性理論の着想、量子力学への疑念、そして統一場理論への構想までを丁寧に、かつ率直に語った「物理学と実在」。二つの「統一理論」への天才の真摯な探究。(解説・佐藤優/筒井泉)

科学者と世界平和 (講談社学術文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

TSUBASA

WWⅡが終わって冷戦が始まる前の1947年にアインシュタインが国連総会に提出した公開書簡。また、ソ連の科学者による反対意見、さらにそれに対する反論も掲載。一般相対論で知られる彼が平和についてどんな考えを抱いていたのか。彼は世界政府の樹立を訴え、国家主義に傾倒することの危うさを説いている。それが果たして正しいのかはわからない。けれども物理学において深い思索を続けた彼の提案は今尚思い起こす必要はありそうだ。次いで、彼の物理観が伺える『物理学と実在』収録。いや、付録だけど半分くらいあるんですが。

2018/09/09

ぜんこう

■科学者と世界平和:1947年の第2回国連総会に提出した公開書簡とそれに対するソ連の科学者からの反論など。アインシュタイン博士の書いている「拒否権条項の欠陥によって安全保障理事会が麻痺させられている」には全く同感。今の国連もこの公開書簡を再度見直して欲しいです。でも地球よりも自国が大事な奴らが拒否権を持ってるから無理かもね(;_;) ■物理学と実在:物理や哲学の話なので字面だけ追うのが精一杯でした。

2018/08/02

gtn

アインシュタインとソ連の科学者との書面ディベートが1947年に行われたことに注目すべきとの佐藤優氏の指摘は鋭い。つまり、チェコの二月事件、イスラエル建国の直前であり、米ソの対立が本格化していない時だった。だからこそ、これだけ胸襟を開いたやり取りができたのだろう。

2018/10/19

たか

薄いからすぐ読めます

2019/02/06

H Tsuda

アインシュタインとソビエトの方との手紙のやり取り大変興味深かった。後半はまた何回かよみかえしてみよう!

2019/01/09

感想・レビューをもっと見る