読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

十 ~忍法魔界転生~(13) (ヤンマガKCスペシャル)

十 ~忍法魔界転生~(13) (ヤンマガKCスペシャル)

十 ~忍法魔界転生~(13) (ヤンマガKCスペシャル)

作家
せがわまさき
山田風太郎
出版社
講談社
発売日
2018-08-06
ISBN
9784065124376
amazonで購入する Kindle版を購入する

十 ~忍法魔界転生~(13) (ヤンマガKCスペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

通常、最終巻の、しかもクライマックスともなれば、作者は酔いを覚えるものだ。それはコミカライズにおいても同様だろう。画に、演出に、酔いが過剰さをもたらせ、それが読者に興醒めを引き起こすケースが多々ある。しかし、せがわまさきは、あくまでも原作に忠実にクライマックスを描くことに徹する。そんな原作への徹底したリスペクトこそが、山田風太郎の忍法帖、そのコミカライズを成功に導いているのだ。

2018/08/07

十六夜(いざよい)

七人の魔人のうち、六人までを討ち果たした柳生十兵衛。残る一人は、あの"宮本武蔵"。沈黙を続けてきた"剣の求道者"は何を思い、何を求めるのか?宮本武蔵がまさかの謀反により魔人一派は武蔵のみに。最後は駆け引きなしの武蔵と十兵衛の一騎打ちとなった。佐々木小次郎との決闘と絡めながら、短いけど躍動感あるラストだった。せがわさんの十兵衛シリーズ、良いな。

2022/03/10

柊龍司@中四国読メの会&読メ旅&読食コミュ参加中

ここまで描いてきて最後は武蔵との一騎打ちで終了。収まるところに収まった気もするし、あっさりしすぎの気もするし、原作読み直して確認ですね

2018/08/20

getsuki

ついに完結。原作とラストシーンが違う。これはこれでいいが、せがわ絵であのラストシーンを見たかった……という気持ちもあるので複雑。

2018/08/10

コリエル

完結。見開きを多用して、見得を切る十兵衛が格好良くて、このへんは絵になったおかげで原作よりも良かった。せがわまさきの描く十兵衛もこれで見納めかと思うと寂しい。

2018/08/06

感想・レビューをもっと見る